西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

温度

『暖かい』 または、 『温かい』 というのは、基本的に運が良いこと。 暖かくなっていくとは、 運が良くなっていくのとほぼ同義。 実際、心も体も魂も、 良く動き循環が活発なり、 調子が上向いてくると、 暖かく(温かく)なっていきます。 逆に、調子が悪くな
『温度を上げると運が上がる ー加熱・加温・保温の重要性ー』の画像

計器で測ることができる温度。 計器では測定できない温度。 どちらも大切な温度。 どちらも等しく運に関わる重要な判断基準です 温度計だけ見ていてもダメだし、 感性ばかりに頼っていても間違えます。 心が寒くなったときは、体を温めてみる。 それが有効な運の対処
『計れる温度と計れない温度 ー数値と印象の一致ー』の画像

温度が低いのは、基本的に、運の良いことではありません。 熱い(暑い)のも危険ですが、低温より運は良いです。 そのため冬という季節は、自ら調整しない限り、 温度の低下と共に心も体も魂も停滞しがちです。 温度が高いのは基本的に運の良いこと。 病気だって怪我
『熱は冷ますものであり保つもの ー冷却と保温の活用ー』の画像

『冷えは万病の元』 なんて言葉、聞いたことはありませんか? 他にも一般的に流通している、 冷えに関する一般的なイメージとしては、 ・冷静な対処 ・クールな印象 ・冷たい性格 ・お財布が寒い ・今のギャグ寒い などが挙げられます。 『寒』と『冷』に対して持
『温度と運の関連性 ー寒冷と温暖の吉凶ー』の画像

↑このページのトップヘ