西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

恋愛運

会う予定が決まるとそれまでの間、 仕事も勉強も頑張れる。 『あの人に会えるなら、よしやるか!』 と思える存在がいる。 それって恋愛運が良い証。 七赤金気の充実。 相手が異性か同性かは関係なし。 恋人でも友人でもどちらでも同じ。 何なら、人じゃなくて
『恋愛筋 ー鍛えないと落ちてしまう能力ー』の画像

★食べ物 ★音楽 ★インテリア ★街 ★香り 自分は何が好きなのか? それを周囲に知ってもらえているか? 何が好きか伝えているか? 恋愛運ってそこで決まる。 自分の好きを取り戻し、他人に伝えて吉。 人を好きになったら、 その人の好きなことを知って吉。
『恋愛運を上げる最適チャンス ー好きを知らせ好きを知る吉日ー』の画像

『誰も私のことを好きになってくれない』 とか孤独をこじらせる前に。 誰かが私を好きになってくれる理由を作って吉。 好きになってもらえる根拠を育てて吉。 好きのきっかけを他人任せにしないで吉。 そのお店を、その商品を、 その存在や役割を、 好きになっても
『好きになってもらえる理由・根拠・きっかけを他人任せにしないで吉』の画像

土用は恋の季節。 良くも悪くも心が不安定になり、 いつもは抑えているはずの、 自分の中の感情や想いが、 ひょっこり顔を出す運勢。 例えばそれは。 ★誰かを好きになる ★好きだったんだと気づく ★好意がフッと冷めてしまう ★離れた人を思い出し寂しくなる ★突然
『土用絡みの恋愛への対処 ームラムラをこじらせるその前にー』の画像

これからの時代に欠かせないのは恋愛運。 金運ではなく恋愛運。 好きを取り戻すこと。 楽しくすること。 楽にすること。 いずれも七赤金気的アプローチ。 そのための努力なら価値がある。 そこで創意工夫に悶え苦しむなら甲斐がある。 そういう頑張りなら問
『歯を食いしばってでも好きを取り戻して吉』の画像

『好きな人がいない』 は、恋愛運停滞の証。 また、同様に、 『好きになってくれる人がいない』 というのも、恋愛運が下がっている証です。 さらに。 『好きな物や場所がない』 というのも、恋愛運の停滞を暗示します。 恋愛運は、 人と人との関係性だけに限
『恋愛運という限られた資本の運用・配分』の画像

『これからどんな素敵なものを選ぶか?』 と、 『既に選んだものをどう素敵にするか?』 は同じくらい大切。 恋愛運の良し悪しは、その組み合わせ次第。 →素敵なものを選べない →選んだものを素敵にできない これじゃあ恋愛運は上がらない。 どんなパワスポ
『素敵なものを選ぶことと選んだものを素敵にすること』の画像

少し前からご提案してきたことなのですが。 僕たちは恋愛運を上げていかないと、 乗り越えられないとは思うのです。 この時代の荒波を。 プライベートもオフィシャルも。 交際も仕事も学習も。 まず、恋愛運の意味を改めて見直すべき機会です。 それは異性にモテ
『これからの時代を生き抜くのに必要なのは恋愛運』の画像

運の世界において、恋愛とは、 自分に欠けたピースを探す、 パズルゲームのようなものです。 1人・1つ・1部だけでは成立しません。 ぽっかり空いた足りない空白を、 埋め合わせてくれるパートナーが必要。 それを探し、見つけ、 統合する作業を、 恋愛と定義します。
『運命の片割れを見分けるために必要な3ステップ』の画像

土用という季節の替わり目は、 良くも悪くも恋の季節。 好きな気持ちが、 燃え上がったり伸展したり、 新たな展開を見せたりする時期。 恋人達にとっては忙しい運勢。 ・嫉妬 ・寂しさ ・一目惚れ ・膨らむ妄想 ・自分の中の詩人 などに火が点き、 揉めたり燃えたり
『土用は恋の季節 ーあんまり燃えると火傷するー』の画像

↑このページのトップヘ