西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

子育て

未成年(満18歳未満)の運を整えようと望むならば。 子供に自分の運の吉凶管理を任せるのではなく、 親が子供の運の吉凶を管理支配するのでもなく、 親が自分自身の運の吉凶を管理し、 親自身のためのエネルギー補給をする方が、効率的だし効果的です。 子供は、まだ未熟
『子供への愛は自分の運を育てる原動力 ー愛による支配は逆効果ー』の画像

子供は自分で自分の運を直接良くすることができません。 最も身近な保護者や、住まい及び学校など、 周囲の環境から間接的にエネルギーを摂取し運を育てます。 ・住環境の状態 ・周囲の大人の言動 ・学校や塾での出来事 ・マスコミの情報 ・映画や本などのイメージ な
『子供の運を育てるのに最も効果のある間接的手段』の画像

全ての人に、生まれながらに備わる、その人だけの色。 自分らしさという特色。 他の人とは違う、自分ならではの存在価値であり生きる道。 一生をかけて探し見つけ手に入れるべき、人生の課題の1つ。 特色とは、そういうものだと思います。 親が、子の持つ特色を育
『九星学を用いた子供の特色の育て方 ー本命星と月命星の応用ー』の画像

親が子供の運を育てようと思った場合。 先ず、最優先で取り組むべきことは、親自身が良い状態を保つこと。 次に、その良い状態で働き暮らす姿を示すこと。 生活水準を高めようとか、貯金をいっぱい増やそうだとかとは、別に。 家族を犠牲にするほどに、仕事や生活に

運を意識した子育てや教育に関して。 子供の運は、最も身近な保護者の運の影響を強く受けて育ちます。 良くも悪くも。 最も身近な保護者とは、一般的に両親ですが、 そこに必ずしも血の繋がりは求められません。 仮に他人であったとしても、運はシンクロします。
『親が子に与える運の影響 ー子の運を育てるにはまず親からー』の画像

↑このページのトップヘ