西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

命名

赤ちゃんの名付けに関して。 今後、家族計画をご検討中の方へ。 また、その命名の際に、 運の要素もヒントにしたい、 とお考えの方へ。 かなり長い説明ですが、 大切なことなのでどうぞご一読を。 ご依頼は生誕後に 新生児の命名のご依頼を承る際、 西企画では、西欽
『命名鑑定 ー新生児の名付けー』の画像

命名に関して。 文字の画数だとか、陰陽五行の配列だとかが、 当人の一生涯の運勢に及ぼす影響の有無や強弱なんて、 実際のところ、僕には良く分かりません。 統計学的に信用できるデータなんてどこにもないし、 科学的に証明可能なカテゴリーでもないので理論武装も不毛
『命名における最後の決め手 ー信頼できる本物の根拠ー』の画像

命名に関して。 ご両親の現代的で個性的な価値観で命名された、 一般常識からすると斬新過ぎる新生児の名前のことを、 『キラキラネーム』 と呼ぶそうですね。 今は若い世代を中心に、海外志向や漫画文化の影響を受け、 また自由な表現と潤沢な選択肢が広がって、
『キラキラネームとシワシワネームの吉凶』の画像

先日、副社長兼母にお願いして、僕の命名用紙を書いてもらいました。 ご依頼があって彼女が硯に向かっているときに。 六白金星 丙辰 命名 敏央 昭和五十一年五月十四日生 ついでだと思って、何となくお願いしてみた記名。 そこには特に深い意味はなかったつもりでし
『名付けるということ ー名前に込められたストーリーー』の画像

名前の良し悪し、ご依頼があれば、 配列や五行、画数などから、運の吉凶を鑑定します。 ですが、その前に。 『自分がそれを名付けられた必然性』や 『名付け親の想い』みたいなものは、 命名学を凌駕する場合もあると考えます。 だから、自分の氏名は、 そこにどんな運

今日は二黒土気の月の二黒土気の日。 運気強まる開運日でした。 そして2月というこの1ヵ月間は、 2月⇒5月⇒8月⇒11月という、 自然の流れが強まる4ヵ月の内の始めの1つ。 この重要なタイミングにおいて、(有)西企画では、 僕が入社以来1度もや

↑このページのトップヘ