西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

偶然の必然

自分にとって最も都合の良いタイミングが、 必ずしも運の良い吉時期とは限りません。 朝、目覚ましをかけて一生懸命起きるように、 頑張って動き出すべきときもあります。 吉時期の話だけではありません。 行きたくなった場所が吉方位とは限らず。 住みたくなった物
『自ら引き寄せる偶然の必然 ー流れを整える具体策ー』の画像

『バチが当たる』 『天罰がくだる』 『悪事がバレる』 というのは、 因果応報や自業自得とは少し異なる、 実は良き運のシナリオです。 バチは当たらない方が、 幸運じゃないか、 と思う方もいるでしょう。 悪事を働く人にとっては、 バレない方が好都合なのでしょう。
『バチは当たって吉 ーお天道様が見ている証ー』の画像

本当に運の良い選択ができるときは、 計画的な理論上の吉だけでなく、 『なぜか不思議と』 『意識してはいなかったけれどタマタマ』 『後から気づいたけれど偶然に』 『計算したわけじゃないのにピッタリと』 『まるで初めから狙っていたかのように』 などなど、様々なオ
『偶然の必然の見分け方 ー本当に運の良い選択ができた証ー』の画像

『反復』が意図せず偶然に起こったときは、 次の言動をちゃんとして吉。 同じようなことが何度か繰り返すのは、 運を気にするべき目安です。 予定外の狙っていない出来事が、 重なるように立て続けに起こったり、 同じものを何度も見たり聞いたりしたときは、 それが吉か
『反復する偶然の必然 ー自信を持つべき閃きー』の画像

・高価な買い物をした帰り道に同じものが安く売られているのを見つけた。 ・間違えて身に付けていたことの誤りを人前で指摘され恥をかいた。 ・良かれと思って続けてきた習慣が逆効果であったと本で読んだ。 など。 全く同じじゃなかったとしても、 似たような経験があり
『不都合な事実を後から知らされることの受け止め方』の画像

最近、特に力を入れている、偶然の必然理論に関して。 いまいち分かりにくい感覚なので、具体例を以下に。 過去の出来事は偶然の必然 すでに起こったことは、全てが偶然の必然のシナリオ。 『ああしておけばおかった』 『なんでこうできなかったのだろう?』 『どうし
『『やむを得ぬ過去』という偶然の必然 ー後悔する必要のない宿命ー』の画像

『何を持って幸運とするか』 の定義は、なかなか難しいのです。 人それぞれラッキーと感じることは異なるし、 同じ人であったとしても、状況や年代によって、 幸運を感じる場所やタイミングが変わっていくし。 ただ。 そんな人それぞれの幸運の定義ではなく、全ての
『運はいつでも想定外 ー良くも悪くも予測不能なのが運ー』の画像

『いいな』 と、ふと感じた人や物や場所には、 何かしらの意味や繋がりがあるものと考えられます。 そこに明確な根拠や具体的な理由は不要です。 何となく、雰囲気的に、良い感じ、それで十分。 縁の運は九気で言うと四緑木気。 四緑木気とは風であり雰囲気。
『縁の有無を確認する方法 ー偶然の必然を見抜く感性ー』の画像

避けられる凶を避けないのは怠慢。 それはなにも、時期や方位の吉凶など、運に限った話ではありません。 現実生活においても同じはずです。 今にもテーブルの上から落ちそうなコップを見て、 でも特に何もせず過ごし、案の定コップを割ったとしても、 それは悪運でも
『凶という偶然の必然 ー避ける必要のないトラブルー』の画像

↑このページのトップヘ