西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

三碧木気

2015年は音が運を動かす年。 伝達の音声。 音楽の旋律。 お祭の囃子。 それ以外にも、雷鳴や鈴や花火など。 どれも大切。 音の震えは災厄を祓う。 そしてそこに幸運と良縁を引き寄せる状態を整えてくれる。 そんな運勢をご紹介してきた今年、9月の新月
『新月のクリスタルボウル演奏会』の画像

大切なことを伝えるのが難しかったとき。 自分をそのまま直接ストレートに表現できない場合。 ベストではないかもしれないけれど、ベターを選んで行くとするならば。 ★難しい伝達における次善の策 1.自分以外の誰かに伝えてもらう。 2.直接ではなく手紙など異なる
『勇気の補給 ー伝える力が足りないときー』の画像

・自分にとって都合の悪い情報を聞かされる ・あまり好ましくない状況を突然見せられる ・望んでいない嫌な経験を味わわさせられる 上記はいずれも、開運の前触れの可能性があります。 『ここから新しい運の展開が始まるよ』 という自然からの知らせ。 そういうのを
『不都合が暗示する未来 ー見逃してはいけない前進の機会ー』の画像

運の知識の基本として。 ・批判 ・非難 ・文句 ・注意 ・指導 を受けるのは、それがどんなに厳しく鋭いものであったとしても、吉。 プライベートにおける個人にとっては、新たな未来の扉が開く吉兆。 オフィシャルにおける店舗や企業にとっては、発展・成長の天啓。
『クレームと運 ー悪運に負わされる負の役割ー』の画像

昔から“音”は厄除け・厄払いに使われてきました。 そこには穢れを払う効果があると信じられてきたようです。 日本のみでなく、古今東西のあらゆる地域や文化において。 良い音のバイブレーションには、三碧木気の吉作用があります。 それは災厄をはね除け遠ざける
『no music no luck ー音のお清め作用ー』の画像

・良い家相の住居に転居する ・吉方位旅行から帰ってくる ・吉時期に人生のスタートを切る その直後、 ★悪口 ★悪評 ★辛口の評価 ★不愉快な一言 ★根拠のない批判 上記の、あまり歓迎できない驚きに接するのは、 これから運が良くなるであろう、 勢いある未来を暗示
『悪口は開運の前触れ ーエネルギー交換の法則ー』の画像

↑このページのトップヘ