西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

一白水気

思考と睡眠は、共に一白水気で繋がる同じ運です。 考える力がある人は、良質な睡眠を取っている。 良く眠れる人は、考える力を持っている。 考えたいなら良く眠れ。 良く眠れば考えられる。 そんな風に、思考と睡眠を結びつけて取り扱うのが、 僕の専門とする九気の世界
『運の良い思考に求められる3つの条件』の画像

★夢を叶える手帳術 ★願望達成新月の誓い ★達成したい目標の掲示 みたいな感じで、 『書き記すことにより望む未来を手に入れる』 みたいなメソッドは色々あるでしょう。 それ、運という観点からも、有効な手段だと考えられます。 書記とは一白水気の行動。 書
『書記による運の視角化と具現化 ー願いはあきらめる前に書くー』の画像

吉が吉なのではなく、吉を選ぶことができる自分が吉。 そこにこそ自信を持つべき。 吉方位に行ったら運が良くなるというより、 吉方位に行ける自分が既に吉なのだと思うのです。 凶が凶なのではなく、凶を選んでしまう自分が凶。 その流れを検証するのが大切。 凶
『選択から推測する自分の運 ー何を選ぶか?何を選ばないか?ー』の画像

筆記と運は密接な関わり合いがあります。 手書きの文字には、書き手のその時点での状態が、 そのまま転写されるものと考えられます。 良い状態なら吉の自分が、悪い状態なら凶の自分が、 そのまま文字に映し出されることとなります。 これは一白水気の書記の作用による
『筆記により文字に宿る運 ー運の良い文字を書く条件ー』の画像

眠りの達人は運の達人です。 上手に眠れる人は、運が良い人です。 眠りはとても分かりやすい運の見所と言えます。 眠れる人と、眠れない人の間には、運の差があります。 時刻と睡眠 眠る時刻を間違えると、眠れなくなります。 眠るべき時刻に眠ると、良く眠れるよう
『睡眠と運 ー不眠と快眠の差ー』の画像

不調時や停滞期の過ごし方として。 そこで壁にぶち当たり、上へと昇れず落ちたならば。 即相談。 それこそ、最も運の良い対処方法です。 そのまま1人で悩みを抱え込まず、信頼できる人に相談を。 身近にそういう人がいないなら、守秘義務を全うしてくれる専門家を探す
『落ち込んだときにハマりがちな底なし沼』の画像

悩みというのは、運の考え方によると、 大きく以下の3系統に区別することができます。 1.心と体の不一致系 2.実力を上回る問題系 3.自分こじらせ系 それぞれを細かくご紹介すると。 1.心と体の不一致系 それがやるべきことであり、かつ必要なことだし、 また
『悩みの3系統と九気的対処ー人が悩んでしまう傾向と対策ー』の画像

強い意志を育て強めるには、寒気が必要。 厳しい寒さは人の根性を鍛え、負けない気持ちを生み出すと考えられます。 寒気とは一白水気。 意志も一白水気。 寒気が強まると意志も強まる。 これを一白水気の作用とします。 一白水気とは、冬であり寒さであり冷たさ
『寒気が育てる意志 ー自分の芯を強める季節ー』の画像

顔・手足・体など、場所に関係なく、 お肌の表面に腫れ物・吹き出物が現れるのは、 典型的な運のデトックス症状だと考えられます。 慢性的な場合は特殊な事情も考えられるし、 その程度によってはシリアスな状況もあり得ますが、 お肌のトラブルは、基本的に除毒の代表例。
『お肌のトラブルと運 ー肌が持つ浄化機能ー』の画像

↑このページのトップヘ