西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

お水取り

お水取りという、 方位の利用方法があります。 吉方位に行って、 現地の湧水を持って帰り、 飲用するという気の呼吸方法です。 僕は物心着く前から、 両親に連れられて、 お水取りをしてきました。 あの頃から比べると、 湧水スポットをネット検索できるようになり、
『お水取りの作法 ー細かな理屈より優先すべき条件ー』の画像

『子供の場合のお水取りはどうするのか?』 というご質問を頂くことがあります。 主旨としては、 『子供も大人と同じ方法で良いのか?』 『子供でも大人と同じでなければいけないのか?』 『子供だから少しは手を抜いても大丈夫か?』 などの意味合いが多いです。
『子供のお水取り ー西敏央はこうして育てられましたー』の画像

吉方位で汲んだお水は、 自分で持って帰るのが理想です。 けれど、それが難しい場合があります。 頑張れば可能だけれど、 無理が生じると問題が起こります。 また、自分で持って帰れないところでは、 お水取りがしにくくなってしまいます。 そこで解決策として挙が
『【FAQ】お水取り後の運送サービスの利用はあり?なし?』の画像

『お水取り』 と呼ばれる方位の運用があります。 吉方位へ出かけて、 現地に飲用可能な清水を探し、 持ち帰って飲む、という方法です。 飲むことで、方位の気を取り入れる、 という理屈だと僕は解釈しています。 けれど、吉方位の自然水は、 飲むだけが使い道ではあ
『吉方位から持ち帰った自然水の活用 ー飲用以外の使い方ー』の画像

吉方位旅行は、多くの人が、 晴れを望むものです。 その方が、制約が減るし、 なにより気分が良いから。 けれど実際には、雨なら雨なりに、 雷なら雷なりに、意味があるのが、 吉方位というやつで。 その時々の偶然の必然を楽しんで吉。 一方。 雨の吉方位にて、お
『雨の日のお水取りにおける湧水の条件』の画像

弊社が創業前から30年以上、 変わらずにご提案し続けている、 『運を良くする具体策』 の代名詞は、お水取り(おみずとり)です。 吉方位というのは、訪れる際に、 ただそこでボーッと過ごすのではなく、 何をどうするかによって効能が上下します。 十分な滞在時間
『雨のお水取り ー天候不良時の注意事項ー』の画像

お水取りをする際、 『一人では現地にたどり着くのが難しい』 『病気や怪我のため、本人が行うことができない』 『現地をアテンドしてくれる知り合いがいる』 『夫婦の場合、どちらにとっても吉になる機会は少ない』 『家族の場合、全員にとって吉となる機会はもっと少ない
『お水取りの支援方法 ー単独では難しい場合に守るべき条件ー』の画像

吉方位旅行に出かけた際、 その旅先で、是非トライしてみて欲しいのが、 同じく吉方位で行うことを前提とする、 『お水取り(おみずとり)』 という開運方法です。 西企画創業前から、 もう30年以上変わらずに、 ご提案し続けてきた方位の応用です。 特に、年盤と
『お水取りの方法 ー西企画の場合ー』の画像

自然の吉エネルギーを呼吸する際、 最初に起こってくるラッキーな出来事は、 なんだと思いますか? ・健康になる ・出会いがある ・臨時収入がある ・宝くじがあたる ・出世成功する など、色々なラッキーが思い浮かびます。 方位学では、滞在した方位ごとに、 8種類
『方位の洗礼 ー吉方位へ行けない事情ー』の画像

★お水取り 吉方位の清浄な自然水を、 自宅に持ち帰り飲用すること。 吉方位へ出かけることは、 吉方位旅行と同じ。 自然水を取水し持ち帰り、 自宅にて気を呼吸する、 という部分が旅行とは異なる要点。 ★吉方位旅行 吉方位の現地に出かけ、 2時間以上滞在すること。
『お水取りと吉方位旅行の決定的な違いと使い分け』の画像

↑このページのトップヘ