西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

お清め・厄除け・お祓い

デトックスを目的にお風呂に入るなら、 冬でも露天がお勧めです。 自家源泉掛け流しの貸切露天風呂なんて理想。 貸切でなかったとしても、 『貸切状態』 であるならば、それでもう最高です。 吉方位旅行の際、 1.スパ(温泉入浴) 2.グルメ(地の食べ物) 3
『露天風呂のススメ ー手放した邪気を空へ還すためにー』の画像

★清掃 ★洗浄 ★整理 ★省略 ★削減 など、汚れや不要物を取り除くための、 『引き算のお清め』 は、専門的な知識のない素人だったとしても、 そこまで神経質にならず、 マメに実践して良い方法です。 荷物もアクセサリーも作業工程も、 減らすと運は清まります。
『引き算のお清め ー運は減らすと清まるものー』の画像

苦のないところに煙は立たず。 悪運が吹き出るのは、自分の中に、 何らかの暗くて重い塊があるからです。 どんなに良好な人間関係でも、 『あの人、評判悪いよ』 という噂で揺らいでしまうことがあります。 どんなに素敵な住環境でも、 『ここ、出るらしいよ』
『自らが生み出す凶作用への対処 ー感性に働きかける清めー』の画像

通学や通勤などの外出からの帰宅時。 寄り道や遠回りをするのは、 良いお清めになる場合があります。 外で憑かれた穢れを、 直接自宅に持ち込まないための具体策です。 老若男女みんなにお勧めします。 仕事や交際や旅行などで、 タチの悪いトラブルに巻き込まれたと
『寄り道というお清め ー外の穢れを内に入れない対策ー』の画像

疲れるとは憑かれるということ。 疲れたということは憑かれたということ。 人は摩擦し消耗すると抵抗力・免疫力が著しく下がります。 これは決してスピリチュアルなお話ではありません。 ★睡眠不足 ★貯蓄不足 ★気力不足 ★体力不足 ★準備不足 など、エネルギー
『疲れると憑かれる ー憑かれるのは疲れている証ー』の画像

おかげさまで、例年以上に忙しく、 スタッフ全員慌ただしく過ごしている、 2017年2月3日(水)、節分。 けれど、何より優先される重要業務として、 『はい、全員手を止めて、集合!』 と強制終了。 今回も無事、豆まきを終えることができました。 そのレポー
『節分 豆まき 2017』の画像

満23歳・32歳・41歳・59歳・68歳、 77歳・86歳・95歳・104歳の誕生日を迎える人達。 『今年は本厄年かあ』 なんて会話を一通り交わし終えている頃合いではないでしょうか? また、テレビ&ラジオのCMで厄除けをリコメンドされ、 『厄除けしないとヤバい?』 と、
『本厄年でもできること ーアリとナシの線引きー』の画像

2017年1月8日(日)。 毎年恒例、お正月明けの第1日曜日。 雪やみぞれの天気予報が出る寒い朝。 今年も無事にどんど焼き完了。 前年を穢れを火の力で昇華するお清めの儀式。 しかも、今回は鍛冶屋組の組長として、準備段階から。 繭玉(紅白のお団子)作りから
『どんど焼き2017レポート』の画像

嫌な縁の汚れってあるでしょう。 ★ムカつくパワハラ上司 ★理不尽なモンスタークレーマー ★街行く非常識な他人 などと接したときに残る、嫌な感じの例のあれ。 その場を離れてからもベットリ付きまとい、 家に帰ってからも、しばらくは取れないあのダメージ。 よ
『縁の穢れの清め方 ー身代わりになる髪・服・アクセサリーー』の画像

『お掃除をすると運が良くなる(運が清まる)』 というのは、古今東西共通の具体策です。 お掃除は、現実的な清潔感だけでなく、 場の穢れが払われ、運の清潔感にも役立ちます。 だから、綺麗好きも、そうでない人も、運のためにお掃除して吉。 ところで。 『お掃
『場の運の穢れを払い清める上で掃除以上に大切となる3つの条件』の画像

↑このページのトップヘ