西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

お清め・厄除け・お祓い

・ゴールデンウィーク ・夏休み ・年末年始 長期のお休みや行楽シーズンが終わると、 楽しかった思い出のエネルギー補給とは別に、 消耗したお財布や体や道具類の疲れが残ります。 特に、移動の際、公共交通機関ではなく、 自家用車を利用した場合には、相応のアフターケ

一時期爆発的に流行った断捨離。 余計なものを手放すことで、逆に豊かになれる。 その考え方は、意識の高い方にとって、もはや流行ではなく、 1つのライフスタイルとして定着しつつあるでしょう。 風水が流行ったことで、開運掃除ムーブメントもあって。 住居や職場

悪い音はその時空間の気を乱しますが、 良い音は乱れを調律し、澄ませます。 また、停滞した邪気があるなら、払うことも可能です。 さらには、外からくる悪い気を跳ね返す厄除けにもなります。 良い音波、音色、音楽には、 1.時空間の乱れを調律する。 2.時空間

最近、流行りの『スーパー銭湯』。 中には『源泉掛け流しの天然温泉』を、 売りにしているような店舗も増えてきている模様。 遠距離宿泊旅行が難しい時や、 今月はお財布がピンチで旅行はちょっと…、 なんて時の吉方位先として、 僕自身、頻繁に利用しています。 誤解

住環境の“お清め”に関して。 家は、どんなに新しくても、綺麗にしていても、 住み続ける内に、良いものだけでなく、 悪いものも溜まっていきます。 だから居住者による継続的なお清めが必要です。 また、誰かが住んでいた家や、誰も住んでいなかった家は、 中古・新
『住居のお清め ー入退居前の儀式ー』の画像

昔からアルコールを装飾するための言葉として、 『火の酒』 なんて言われますが、九気学的に、アルコール類は九紫火気に分類され、 その強いエネルギーは、悪運の『昇華』に役立つと考えられます。 最も分かりやすい例は、アルコール殺菌。 時代劇で侍が刀傷を受けた時

運のことを考えた時。 お祓いとかお札とかも良いけれど、 掃除こそ最強のお清めなのではないだろうか、と思います。 神社(神道)には、様々な儀式や作法がありますが、 その全てに共通する最も大切な理念は、 『払いたまえ』 『清めたまえ』 という、穢れを遠ざける

↑このページのトップヘ