西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

西企画の鑑定とは

今日、運を良くするために、 頑張って選んだ吉が効能するのは、 ずっと先の未来です。 今日、悪運を感じるような凶が、 実際に目の前で起こったとしたならば、 その原因はずっと前の過去にあります。 吉も凶も、忘れた頃にやってくるもの。 覚えているうちには作用しま
『吉凶鑑定の意味と価値 ー今を滑らかに生きるためにー』の画像

『自分は運が良い』 と思っている人が、 実際に幸運とは案外限りません。 中には勘違いも多いです。 プラス思考な主観は悪くないですが、 不自然な思い込みは運を乱します。 無理のない素直な感想として、 または客観的な分析の上で、 『自分の運は良い』 と思
『不自然な思い込みの危うさ ー凶を凶だと認められる人を応援しますー』の画像

仕事も生活も交際も、 全てを順調に成功させることではなく、 均衡の整った状態にすることを吉とします。 大げさに例えると。 仕事だけは突出して大成功し、 その裏で私生活や人間関係はボロボロ、 というのよりも、 全てが鳴かず飛ばずの方が、 運は良いものとします。
『鳴かず飛ばずの人生設計 ー幸運のワークライフバランスー』の画像

僕が用いる方位の吉凶鑑定は、 生まれた年月日時で決まる【星】と、 九気の配列で決まる【暦】を基礎とします。 【星】は年月日時それぞれに、 一白水星から九紫火星までの、 いずれかが備わります。 【暦】における九気の配列は、 毎年、毎月、毎日、毎時変動します。
『方位の吉凶鑑定方法の諸説 ー星と暦と組み合わせー』の画像

『他の人に凶って言われたのだけれど、どう対処すれば良い?』 というご質問やご相談が、しばしばあります。 その放置された不安や心配、何とかしたいです。 凶って言った当人が、 どうすれば良いのかの対処も、 併せてしっかりフォローしてくれたら、 『放置された
『放置された不安や心配 ー凶を恐れぬために吉があるー』の画像

西企画において、 ★吉方位を選ぶ ★凶方位を避ける この2つは、 あらゆる意思決定や行動計画における、 とても大切な基準です。 けれど。 それだけで、道を選ぶことはありません。 それだけで、人生が決まるとは思いません。 方位が全てではない 方位の吉凶は
『方位以外にもある大切なこと ー方位学のみでは判断できないことー』の画像

凶を全て避けるのは不自然。 吉だけで成立する世界なし。 それを受け入れられない自分だと、 食べるのも会うのも買うのも大変。 運の知識と接する前に、生き方として、 『一部の凶も受け入れた上での総合的な吉』 を身につけられている人は強い。 そこがブレて
『凶と知ってどうするか ーそこで実力を試されるー』の画像

この人は運が良いな、 またはこれから良くなるだろうな、 と感じるご相談やご質問の典型例を、 以下に3つ。 『AとBの2つの選択肢の間で迷っている。どっちがより良い?』 自分の中で、選択肢・可能性の吟味は済んでいる。 全部を他人に丸投げするのではなく、 でき
『運が良い人から届く運の良い相談・質問例3選』の画像

この人は停滞気味だな、 もしくはこれから停滞しそうだな、 と心配になるご相談やご質問の典型例を、 以下に3つ。 『(とにかく話が長くてその後)どうしたらいい?どれにしたらいい?』 自分の人生における、 自分の選択に関して、 その不安や疑問を、 ただ外へ発散し
『運の悪い人から届く運の悪い相談・質問例3選』の画像

↑このページのトップヘ