西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

西企画の鑑定とは

世界には色々な人がいるようで。 ストイックでスパルタンでM気質な方は、 ★厳しい吉凶の制約 ★現実的に無理がある行動条件 ★修行僧のような厳格な知識の運用 が合っているようです。 僕にはとても無理です、そういうの。 どんなに理論上正しい正論も、 現実を無
『最高より最適を選んだ方が運は上がる』の画像

講座やblogの中で、 つい何度も口にしてしまう、 定番の決まり文句がいくつかあります。 『全ては素敵な偶然の必然』 『自分の運は自分で決める』 『運のあるライフサイクル』 『できることをできるだけ』 『年に1度は吉方位旅行へ』 いずれも、自分の信条や、 西企画の
『西企画式の5つの定番 ー幸運と良縁を手に入れる基本理念ー』の画像

運を意識した自己責任の選択において、 本当に必要となるのは、 占い師の助言や運の吉凶情報ではありません。 より強く運に関わるのが、 『こういう理由だから、これで良い!』 という説得力と、 『これだけ調べたのだから、もう十分!』 という納得感です。 説
『自分の人生に『吉!』と太鼓判を押すための生き方』の画像

候補も代案も想定も出さなかったくせに、 結果だけを見て後から、 『言わんこっちゃない』 とかドヤ顔かます下品な人って、 どこにでも一定数いるでしょう。 そこには様々な関係性や事情があり、 言う側と言われる側のどちらが悪いかは、 簡単に判断することができませ
『結果論に耳を貸す危険性 ー運の見所を間違えやすくなるー』の画像

厄年とか八方塞がりだとかの、 悪い運勢を伝える際、 『何もしてはいけない』 『何もできることはない』 『何をしても上手くいかない』 と表現する専門家の方がいるようです。 僕は言われたことはないのですが、 そう言われて悩んでいる方を、 見かけることはしばしば
『悪い運勢を伝えるのは運の悪さを伝えたいからじゃない』の画像

人生の節目であり、 運の変わり目である、 ★転居 ★結婚及び離婚 ★就職 の吉凶鑑定をする際、 最も重視する要所をご紹介します。 転居の定義 転居とは眠り始め。 荷物の移動や住民票の異動は二の次。 『その身がいつから新居で眠り始めるのか』 を要所とし、計
『転居・結婚・離婚・就職の定義 ー最も運に関わる鑑定の要所ー』の画像

生まれてくる子供や、 生まれた子供の九星に、 ケチをつける親や祖父母がいるそうです。 西企画ではそんな九星の運用はしません。 仮に僕の用いるロジックが、 西洋占星術や四柱推命など、 他の方法だったとしても同様です。 当人が生まれ持った特色に対し、 『この
『生まれてくる子供の星にケチをつけることなんて絶対にしない』の画像

方位の吉凶を、 最優先基準にするのは、 個人の自由です。 『吉方位にしか行かない』 『凶方位は絶対ダメ』 『現実的な都合は後回し』 とシンプルに割り切る考え方は、 当人さえ良ければ、 とても分かりやすいです。 どんな時も迷わずに済み、 かつ、ずっと先の未来ま
『西敏央が方位の素晴らしさや恐ろしさを強要し始めたら離れて吉』の画像

運の吉凶を商材にして、 生計を立てていくというのは、 『仕入れがないから儲かって仕方ない』 『誰も相場を知らないから値付け自由』 『領収書を切らず脱税し放題』 だから楽で良いよね。 というようなことを、 聞いたり言われたりしたことがあります。 別に下衆の
『西企画にて引き継がれる反骨精神』の画像

九星学。 運勢学。 方位学。 特に書物を読み漁ったり、 研究室に籠って思索に没頭したり、 セミナーに通って知識を深めたりなど、 学びの努力はしていません。 けれど。 気付いたら四六時中、 そのことばかり考えています。 思いついたら、 Twitterでつぶやいたり、
『実録・西企画 ー人生を舞台にした実験レポートー』の画像

↑このページのトップヘ