西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

西企画の鑑定とは

凶は凶であることが凶なのではなく、 凶のままにしておくことが凶です。 意味は伝わりますか? 凶と知ったこと自体は、 凶じゃないです。 凶を選んだとしても、 まだ大丈夫です。 それを知ったまま、選んだまま、 その後何もせず放置することが、 凶であると定義しま
『凶は凶だけでは凶じゃない ー凶が凶となるためには放置が必要ー』の画像

理想の吉ではないものを指して、 『それじゃあダメ』 とか簡単に言う人、意外に多いです。 中には、自分自身に完璧を押し付け、 『最高以外は最低・大凶・失敗』 と勝手に難しい道を選ぶ人もいます。 でも。 本当に避けるべきは、最悪の大凶だけです。 それ
『本当に避けるべきは最悪の大凶のみ』の画像

『自分はいつか結婚できる?』 『いつになったら離婚できる?』 『出会いはいつ?別れはいつ?』 そういう、恋愛・結婚・ご縁の鑑定依頼、 とてもすごくごっそり苦手です。 求められれば、暦の中から、 できるだけのヒントを見つけ出します。 なるべく期待に応えたいか
『成功とは動き出した人の未来にのみ現れるゴール』の画像

恋愛運において。 『あの女はどう落とす?』 『この男をいかに振り向かせる?』 『恋人を独占するためのテクニックは?』 みたいなご相談は非常に不得意です。 何を鑑定したら良いか分かりません。 ご期待に沿うようなご提案、できません。 そうではなくて。 『
『爆発的な運の働かせ方 ー吉凶スパイスで効果倍増ー』の画像

吉を求めて頑張っていたつもりが、 いつの間にか気付かない内に、 凶のケツを追っかけていた。 ということ、実は、良くあります。 僕自身が、時々、 ふと我にかえって驚きます。 『うわっ、今、危なかったわ』 なんて風に。 求めるのは確かに吉。 けれど、追いか
『吉が凶にすり替わるとき ー間違った運用の危険性ー』の画像

これは西企画における理念であり、 一般的な話ではないのですが。 運の鑑定を承った際、 吉凶を判断する基準の優先順位は、 『必要性及び必然性』 を最上位にします。 ざっくりと全体像を並べると。 必要性及び必然性 > 現実的な状況 ≧ 時期の吉凶 ≧ 運勢 >方
『自分だけの正解を選ぶ秘訣 ー人生の岐路ではマニュアルを閉じろー』の画像

陰陽学とは、世界を2つに分ける基準ではなく、 『2つに見える世界も本当は裏表で1つなんだよ』 という考え方です。 ★男と女 ★支出と収入 ★起床と睡眠 それらを別物として扱うと間違えます。 どちらか一方にばかり偏ると運が乱れる。 2つで1つだし、どっちもど
『西企画における陰陽学・五行思想・九気学・九星学の基本的な解釈』の画像

★一つにのめり込みやすい ★熱中すると視野が狭くなる ★何事にも真剣に取り組む そういう誠実で集中力の優れた方、 素晴らしいです。 あっちこっち目移りし、 どんなことも広く浅い、 僕のような器用貧乏にとっては、 羨ましいほどの能力です。 だから、というわけで
『少しの悪条件だけで自分の選択を疑う必要なし』の画像

西企画とは。 ★暦の製作と販売(出版) ★暦の読み方の紹介(講座) ★暦の読み解き(鑑定) この3つを軸とした会社です。 全てに共通して言えるのは、 暦という部分です。 毎年発行している、 『ゆうきこよみ』 が軸となり、出版・講座・鑑定が成立します。
『西企画の業務とは ー何を根拠に講座や鑑定をしているかー』の画像

世界には色々な人がいるようで。 ストイックでスパルタンでM気質な方は、 ★厳しい吉凶の制約 ★現実的に無理がある行動条件 ★修行僧のような厳格な知識の運用 が合っているようです。 僕にはとても無理です、そういうの。 どんなに理論上正しい正論も、 現実を無
『最高より最適を選んだ方が運は上がる』の画像

↑このページのトップヘ