西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

西企画の鑑定とは

僕は生まれ育った環境が少し特殊で。 幼少期から運の知識と接する機会を得て。 吉とか凶を踏まえて過ごし。 今も幸運と良縁を追いかけ続けているけれど。 自分が持つ運命や運勢に絶対の自信はありません。 『知識があるんだから運も良いだろう』 『専門家なのに運
『運の知識の有無と運の良し悪しは別物 ーそれでも僕は元気ですー』の画像

毎月、第2土曜日の20時から、 『西欽也のインスタLIVE』 を定期配信しています。 西欽也のアカウントはこちら↓ ★西欽也Instagram 教科書に書いてある理屈ではなく、 『西欽也ってどういう人か』 を、僕がインタビュアーとして引き出す時間です。 前回のテ
『凶と言われたときにどうすべきか? ー西欽也の場合ー』の画像

結婚する/しない 離婚する/しない 出産する/しない どちらの方が運が良い/悪い、 という吉凶判断はありません。 自らの意志で選ぶことにより、 どちらでも運が良くなります。 どちらを選んでも、 運を良くすることは可能です。 そして、その意志の力を引き出し、
『結婚しても良し/しなくても良し ーどちらでも運は良くなるー』の画像

成功や失敗を、 そのまま額面通りに受け止めるのでは、 正しく運を読み解けないことが、 実は意外と多いです。 成功したら吉で、 失敗したら凶という考え方は、 合っていることもありますが、 精度は低いです。 なぜならば。 物事の結果は調子の波に左右され、 調子と
『成功と失敗は運の吉凶判断の基準として心もとなく決め手にならない』の画像

西企画とは、暦を製作して、 販売する会社です。 ただし、その情報や経験を用いて、 →講座:暦の読み方をご紹介する →講演:暦をテーマにお話をする →鑑定:暦を根拠に決断を支える などの業務も行っています。 どれも大切な事業の柱です。 で、今回は鑑定の詳
『西企画の鑑定 ー種類・手段とご予約方法ー』の画像

人の運には浮き沈みあり。 良いときと悪いときを行ったり来たり。 調子の波はあって当然。 ずっと好調でいられないのは問題なし。 低迷・停滞は偶然の必然。 それもまた必要なサイクル。 だから、好調が吉で不調は凶、 と安易に判断すると間違える。 そんな簡
『調子の波の頻度と差異から判断する運の良し悪し』の画像

健康は富に勝る。 という、格言というか、 ことわざがあります。 どんなに大金持ちで、 才気あふれモテモテであっても、 病で床に伏していては、 それを活かすことができない、 という意味のようです。 英:Health is better than wealth これが語源。 実際に、大
『健康運の重要性 ー全ての幸福の礎となる運ー』の画像

★他人との比較 ★短期間の単発 ★教科書の模範 上記だけで運を読み解くことはできません。 不可能というよりは、危険です。 やろうと思えば可能ですが、 間違える恐れが大きくなります。 いずれも、目安にはなります。 けれど、決め手にはなりません。 運の吉凶
『自分基準・長期連続・例外こそ吉凶鑑定の必須条件』の画像

吉時期。 吉方位。 吉家相。 パワースポット。 ラッキーアイテム。 などなど。 それらを暮らしに取り入れ、 仕事に活かしたいと望むなら。 1.過剰な無理をしない 2.周囲の理解と協力を得る 3.妥協の余地を広めに持つ 上記を守ってこそ、 吉を吉として、 選べる
『理想のベストより現実のベター ー最適解の見つけ方ー』の画像

↑このページのトップヘ