西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

凶方位とその対処

大人が大人として、 自分の行動を選び、 自分で責任を取るというのは、 やむを得ない、当たり前の、現実で。 一方。 未成年の場合、 人生の選択肢の多くは、 大人に用意されたものや、 大人の都合によるもので。 そこで凶を選ばざるを得ない場合、 大人と同様に自己責
『【FAQ】子供の凶方位の対処は?』の画像

みんな、凶方位のことを知らな過ぎます。 そして、知らない人ほど、 『凶方位怖い!』 と過剰に不安を膨らませます。 またその無知を自慢するかのように、 『凶方位ダメ!』 と、誤った知識を他人に押し付けます。 方位学の専門家の中には、 凶方位により恐怖
『凶方位に関して押さえておくべき基礎知識』の画像

十分な必要性と必然性があり、 凶方位へ出かけることになった場合。 吉方位で取水した自然水が、 その時点で手元にあるならば、 持参し現地で飲用すると良い、 とご提案しています。 荷物の都合で少量しか持参できない場合、 飲まずに身代わりとして持ち歩くのも有効です
『吉方位のお水を利用した凶方位対策』の画像

西企画の場合、方位は常に、 ★自宅(太極) ★目的地(滞在地) の2点間で鑑定します。 目的地までどんな経路で行こうが、 どう回って帰ろうが、 方位を鑑定する基準点は変わりません。 『凶方位には別の場所に寄ってから行けば凶作用なし』 『凶方位を経由したら
『凶方位は回り道しても凶方位 ー対処をするなら吉方位へー』の画像

1.温泉入浴を避ける。 2.生水を避ける。 3.生ものを避ける。 4.目的外の行動を避ける。 5.目的外の支出を避ける。 凶方位へ出かけた際は、 上記が最も基本的な現地での過ごし方。 避けるべきものを避けた分だけ、 方位が凶であるということの、 悪影響を減らす
『方位の問題に見せかけた方位以外の問題への対処法』の画像

乳幼児に、生水や生もの、 蕎麦や牛乳をやたら与えない、 というのは、子育ての常識だそうですね。 まだ、身体の抵抗力や消化酵素が、 十分に育っていないから、 むやみに口にすると命にも関わる恐れがある。 そんな真剣な理由で。 虚弱体質やアレルギー体質でなかっ
『方位学を用いた子育て ー親が制御する子供の方位ー』の画像

ブログや講座内で、 『通勤・通学の方位をあまり気にする必要はない』 とご提案しています。 『方位の影響は全くない』 とは思いません。 むしろ、小さいとは言えど、 毎日の積み重ねの中で受けることになる、 相応の蓄積はあると思います。 そういう意味では
『どうしても通勤や通学の方位が気になる方に必要な対処』の画像

方位学を意識し仕事や生活をする場合。 凶方位はそれほど恐れる必要がないです。 吉方位へ“も”行くことができるならば、 それでちゃんと対処になります。 凶方位だからという理由だけで、 貴重な機会や大切な縁を、 放棄してしまう方が凶です。 不用意に凶方位へ
『最低限避けるべき5つの大凶方位とその悪影響』の画像

吉方位を知るということは、 『どこへ行くと運が良くなるか』 を知るということです。 一方。 凶方位を知るということは、 『どこへ行く時は注意した方が良いか』 を知るということです。 みんなそこら辺のことを、 勘違いして伝えたり、 勘違いして受け止め
『凶方位へ行く前に ー悪影響を抑える3つの秘訣ー』の画像

毎年、変わらずいただくご質問が、凶方位のこと。 旅行や転居やお買い物において、 『大凶方位はダメ?』 『大凶方位なんだけど大丈夫?』 『大凶方位が不安で、、、』 と、もうすでに運が悪くなってしまったような表情で、 その悪影響の危険性に関しご質問をいただき
『【FAQ】大凶方位へ行く?行かない?』の画像

↑このページのトップヘ