西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

年の運勢

2024年は三碧木気の年。 新しい未知なる何かへの初挑戦が、 運をひらく鍵となる年です。 でも、挑戦する者の前には、 必ず何かしらの障害が立ちはだかります。 成り行きに任せていたら、 出鼻を挫かれそこで終わります。 例えば心配する家族とか、 不慣れであること
『それでもな挑戦すべき2024』の画像

2024年は新境地の開拓が幸運の鍵です。 古いものより新しいものに運が乗ります。 よく慣れた安定の安心より、 未知の知識や道具、人間関係が、 発展と成長の流れに繋がります。 ただし。 誤解のないように確認しておきたいのですが、 人生とは基本的に、安定こそ吉で
『新旧の組み合わせこそ2024年の運のデザイン』の画像

2024年の運勢は、新境地の開拓です。 年齢や立場や個々の状況に関係なく、 全ての人が同じく、 →新時代への適応 →技術や情報の更新 →成長のための挑戦 を求められる1年です。 その根拠は、暦において、 年盤中央に三碧木気が入っていること。 三と碧と木の作用
『新境地の開拓 ー2024年の目標設定ー』の画像

ゆうきこよみ2023を発行する際に、 全員共通の課題としてご提案したのが、 外出や旅、自分のテリトリーの外へ出ることでした。 ただし、自由には出かけられないし、 行動範囲には限界があることを想定し、 『会えないときの代替手段はSNSやデジタルツール』 というご提
『会えないときの代替手段は会っておくこと』の画像

2024年度は自然の流れが、 次の段階、新しい時代へと、 突入する運勢です。 2024年という12ヵ月間は、 これまでの流れに区切りがつき、 これからの流れへとシフトする起点です。 そこでの全員共通の課題は、開拓です。 切りひらくことです。 切りひらくとは、試すこ
『三碧木気を目安にした運の更新』の画像

2024年は先端の年です。 今の時代での先端は、 天動説でもカステラでもすき焼きでもなく、 ★ハイテク ★デジタル ★AI というのが僕なりのイメージですが、 なにも先端とは小難しい開発競争だけではなくて。 『新し過ぎてまだ大衆化されていない非常識』 『広く世界
『最先端をむやみに拒絶する人は絶対に運が悪くなる』の画像

三碧木気のゆうき行動に、 更新というのがあります。 例えば流行遅れの衣服の更新。 ソフトウェアやアプリなどシステムの更新(アップデート)。 また古くなったデータ・情報・常識の更新。 定期的な契約の更新というのもあるし。 定期更新は、習慣・人間関係など
『自分の今が通用しなくなる前に更新を』の画像

2024年の運をひらく鍵は新境地の開拓です。 2024年は色んなものが新しくなる運勢です。 その運勢に合わせ、色んなものを更新して吉。 それが流れに乗る秘訣です。 新しくなる流れに乗ることで、 未来が開かれ展開していきます。 だから、2024年のゆうきこよみのテ
『3つの新境地の開拓 ー更新・先端・最初ー』の画像

挑戦をキーワードとした、 運のデザイン(スケジューリング)って、 とても難しいです。 下書き段階のデッサン(候補のリスト化)も、 すぐには思い浮かびません。 『この年齢で、この環境で、何に挑戦できるか?』 『これからを見据えて、どんな挑戦が必要か?』 『ドキ
『挑戦を求められても勇気を出せない大人達へ』の画像

やるべきなのに、まだやれてないことがあったとして。 また、できるのに、まだできていないことがあったとして。 それは、やりたくないから、やらなかったんじゃない。 やりたいし、できるのに、やれてない、できていない。 そこには、ちゃんと理由があるはず。 ま
『やりたいのにやれてないことを頑張る前に』の画像

↑このページのトップヘ