西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

弔い・供養・信仰

僕にとってのお墓参りとは。 桐生・足利と複数のお墓に、 順にご挨拶を済ませてからの、 →麺屋つるる(らーめん) →mothertool(セレクトショップ) →Mocha cOFFee(自家焙煎珈琲) というのが定番の流れです。 上記のいずれも素敵なお気に入りで、 お店からお店
『先祖供養+α ー嬉しく楽しんでこその家運長久ー』の画像

神頼みというのは、 こちらの都合などお構いなし。 思い通りにご利益を制御するのは、 不可能だからあきらめた方が良さそう。 ただし。 何もできないわけじゃない。 何をしても意味がないわけじゃない。 というわけで以下をご確認ください。 Q.自分だけご利益
『【FAQ】縁結びのご利益なし!どうしたらいい!?』の画像

お盆やお彼岸やお正月など、 先祖供養に最適な期間に、 吉方位旅行の機会が訪れた場合。 『まず供養を済ませてから吉方位へ』 というのが礼儀正しい手順です。 『それが難しいときは供養を優先』 『吉方位旅行は別の機会に』 『供養もせず運を上げられると思うな』
『お盆やお彼岸や正月は吉方位旅行のための休日じゃない』の画像

暮らしの中で、 ★野生動物 ★虫 ★魚 など、生き物の死に接するのは、 不吉とは限りません。 個々がそれぞれに、 『汚い』 『気持ち悪い』 『好きじゃない』 『悲しい』 『嫌だ』 と反応する心は問題なし。 感じ方はみんな違って当然。 動物の死と遭遇したと
『意図せず生物の死に触れることの意味と対処』の画像

★神仏の加護 ★穢れの厄除け・清め ★パワスポとしての神社仏閣での運の補給 それらを目的に参拝をするとして。 『方位が気になる』 『恵方ならいい?吉方位じゃなくちゃダメ?』 『凶方位なのに参拝してしまった、どうしたらいい?』 などのご質問を定期的にいただき
『方位が気になって神仏の参拝に不安を抱えている方へ』の画像

お彼岸だもの。 お盆でしょうが。 命日ですよ。 だから。 先祖供養して吉。 という話をすると。 『◯◯だからお墓参りに行けない』 『△△のため帰省が難しい』 『□□のせいで供養ができない』 という反応、毎回あります。 まあとにかく、色んな理由があり
『先祖供養の見直しと更新 ー時期は変えずに方法を変えるー』の画像

先祖供養って、若い頃の帰省みたいなもの。 帰省する側はまだ未熟。 家族より自分が大切だったり。 バイトや恋愛の方が楽しかったり。 服やタピオカを買うお金と時間はあるけれど、 地元に戻る手間暇は惜しかったり。 仮に地元に戻ったとしても、 親や家族と過ごす
『帰省と供養は同じようなもの ー定期的に顔を出して吉ー』の画像

土用とは季節の変わり目を知る目安。 季節の変わり目というのは、 大気の状態だけでなく、 人も物も事も不安定になります。 それは動物にも同じことが言えて。 土用中に体調が変化し、 亡くなる動物は、多いです。 いつ亡くなるかは偶然の必然。 いつ亡くなっても
『土用中のペットの弔いと埋葬 ー土用を避ける対処をー』の画像

お盆やお彼岸やお正月を迎える際、 その都度、しつこくご紹介している、 西企画式の供養があります。 お仏壇に手を合わせた後や、 お墓参りする前後の道中で、 取り入れることができると素敵です。 どんな供養かというと。 家族みんなで美味しい嬉しさを共有して吉。
『供養=嬉しい美味しさというステマの勧め』の画像

自分なりの供養の方法に、 色々と注文を付けてくる、 立派な大人っているでしょう。 『本来はこうあるべき』 『そんなやり方じゃダメ』 『こうしなければいけない』 みたいな厳しめなご指導として。 その指摘、確かに正しかったとしても、 それが負担や障害になるよう
『我が家の供養に文句を言ってくる無責任な他人の意見は無視して吉』の画像

↑このページのトップヘ