西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

九気学

★違法な乱暴者 ★自分勝手な嘘つき ★話が通じない非常識人 そういう方との対話は不毛です。 同じ日本語を話しているようで、 実は全く異なる言語を使う生き物です。 コミュニケーションできると思って、 いつも通りに付き合ってしまうと、 自分ばかりが一方的に疲弊
『沈黙は金 →(からの)口を開く前に専門家に相談』の画像

★悩み ★冷え ★孤独 ★不眠 ★依存 ★落ち込み ★疑心暗鬼 ★自信喪失 ★家族不和 ★責任転嫁 西企画の考えによると、 上記はどれも同じ運で繋がっています。 現れ方が違うだけで、原因は同じ。 一白水気の凶運です。 →一(孤) →白(透明) →水(流れ) が
『連鎖し同時多発する悪運への根本的な対処方法』の画像

会う予定が決まるとそれまでの間、 仕事も勉強も頑張れる。 『あの人に会えるなら、よしやるか!』 と思える存在がいる。 それって恋愛運が良い証。 七赤金気の充実。 相手が異性か同性かは関係なし。 恋人でも友人でもどちらでも同じ。 何なら、人じゃなくて
『恋愛筋 ー鍛えないと落ちてしまう能力ー』の画像

九気的に考えると。 作法・礼儀とは七赤金気。 それは先方への敬意や思いやりを、 目に見えるように具現化したもの。 自分から相手へと示す、 『私は貴方様を大切に思っています』 という態度であり所作。 他人がどうこうではなく、 自分自身の言動の見直し方。
『七赤金気の礼儀作法 ー敬意の具現化の方法論ー』の画像

書記(手書きの文字)には、 一白水気の力が宿ると考えられます。 一白水気の力とは。 →思考力(考えをまとめる) →集中力(焦点を定める) →心情(心の内側の動き、真意) などのことです。 書くと、まとまる。 書くと、定まる。 書くと、見える。 これが
『書くことの効能 ー自分を取り戻す具体策ー』の画像

思考力とは集中力。 目的を定め深く物事を考える力。 一方で。 直感力とは想像力。 広い視野と高い視点で物事を見通す力。 思考力は一白水気の作用。 直感力は九紫火気の作用。 それぞれ異なる運。 思考力を引き出す具体策として。 焦点を合わせ1点を見つ
『思考力と直感力 ー一白水気と九紫火気の応用ー』の画像

これからの時代に欠かせないのは恋愛運。 金運ではなく恋愛運。 好きを取り戻すこと。 楽しくすること。 楽にすること。 いずれも七赤金気的アプローチ。 そのための努力なら価値がある。 そこで創意工夫に悶え苦しむなら甲斐がある。 そういう頑張りなら問
『歯を食いしばってでも好きを取り戻して吉』の画像

自立とは、 一人で頑張ることでなく、 みんなと一緒に働き暮らすこと。 依存する相手を増やし、 依存の度合いを減らすこと。 もし、そうやって繋ぐ手の数を増やし、 繋ぐことでかかるお互いにかかる負担を、 分散・軽減させることができたなら。 もうそれって依存では
『自立と協力 ー依存先を増やし依存度を減らすことー』の画像

最近、講座・鑑定を中心にお勧めしまくっている、 『プロに包丁を研いでもらって吉』 というお話。 多くの方が実行してくださって、うれし。 2020年は七赤金気の年。 七赤“金”気のキーワードは、 →洗練 →研磨 →切れ味 →光沢 →無駄の削ぎ落とし などなど
『包丁研ぎのススメ ー金運と恋愛運の暗示ー』の画像

↑このページのトップヘ