西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

方位学

方位学の話。 旅行やお水取りなどで吉方位を利用する際、 『遠ければ遠いほど良い』 と距離ばかり注目される傾向があります。 確かに距離も、 効能の大小を判断すのに、 大切な見所の1つではあります。 けれど、方位の効能とは、 距離のみで決まるものではなく、
『方位の効能を左右する5つの要因と理想の吉方位旅行』の画像

★昔から方向音痴 ★道を覚えられない ★いつも電車を乗り間違える ★大切な時に限って経路を間違える ★ナビや地図を見ているのになぜか迷う など。 目的地にすんなりたどり着けない、 ということが悩みとなった場合。 四緑木気のエネルギー補給をお勧めします。 方
『迷わず目的地にたどり着くための運 ー四緑木気及び南東の効能ー』の画像

道に迷うのは、みんな嫌いでしょう。 時間がかかるし、疲れます。 けれどそれが凶とは限りません。 道に迷うことで得られる知識や経験もあるからです。 迷ってこそ出会える新しい道、というのもあります。 道に迷っている過程でしか手に入らないものも多いです。
『どんなに遠回りしても結局ゴールすれば吉』の画像

就職や入学の時期。 または通勤・通学の方位。 その吉凶を心配する人って、 視野が狭くなってる恐れあり。 『そんなもの一切関係ない、全く影響ない』 とは言いません。 でも、そこよりもっと気にすべきことが、 他にいっぱいあるはずなのです。 専門的な運の知
『就職や入学の時期になると運の吉凶が気になる方へ』の画像

これは僕自身が実践できていないため、 あくまで理論上の目標としてのご提案なのですが。 吉方位旅行は家族とではなく、 団体ツアーでも友人・恋人とでもなく、 単独で出かけた方が効能が大きいです。 一人旅の方がより多くの運を呼吸し、 より象徴的な偶然の必然を、
『非日常的な緊張感が促進する吉方位の効能』の画像

『土用中に吉方位旅行へ行くのはダメ?』 『土用中は吉方位でも温泉に入るのは危険?』 『土用中はせっかくの吉方位なのにお買い物禁止?』 土用と吉方位旅行に関し、 上記のようなご質問を頂くことが、 しばしばあります。 そのような心配は不必要です。 土用中の吉
『土用中でも吉方位旅行を楽しむための3つの条件』の画像

学び・出会い・仕事・趣味・信仰など、 『移動する理由(旅する必要性と必然性)』 を持っている方は運が良いです。 逆に。 『◯◯だから行かない・行けない・行きたくない』 と、移動しない理由を豊富に持ち、 自分のテリトリーの内側のみで、 あまり動かず働き暮
『生き方とは行き方 ー移動できない人生は凶ー』の画像

吉方位があるなら、そこへ行けば良いとして。 吉方位がないときに、 『だからどこへも行くことができない』 『どこかへ行ったら運が悪くなる』 『ずっと家にいるしかない』 と考えるのは、今この瞬間に修正すべき誤解です。 エネルギー補給の手段は吉方位だけじゃあ
『吉方位がないときのエネルギー補給方法』の画像

吉方位旅行って、大変です。 お金・労力・時間を捻出するだけでも大変。 忙しい暮らしの中、持ち場を離れるのは心配だし。 行ったら行ったで楽しいけれど、 行くことの負担を考えると躊躇しちゃうし。 どういうわけか行けない事情が発生するし、 旅先でトラブルに見
『吉方位旅行の効能を低下させる5つのNG行動』の画像

毎年、1ヵ月か2ヵ月は、 方位の効能が最大化する、 吉方位強化月間があります。 吉方位計画って、早く立てるほどに効能が増します。 ギリギリになるほどボーナスは減ります。 『行けたら行く(行けなかったら行かない)』 という感覚だと効能は下がります。 ★今年
『吉方位強化月間の5ヵ月前から始める計画』の画像

↑このページのトップヘ