西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

運の知識の活かし方

夜になったら眠くなる(起きてられない)。 朝になったら目が覚める(寝てられない)。 それって。 『当たり前でしょ』 と感じるかたも多いかもしれないけれど。 実際にはとても運の良いことです。 自分がかなり好調であることの証というか。 意外にハードルの
『太陽暦の権化 ー意外な幸運の証ー』の画像

新しいのが苦手な人には思考の転換が必要です。 新しいものを嫌ったら進化しないからです。 新しいものへの苦手意識を和らげ、 慣れ親しんだ古いものに依存しないで済む、 前向きなマインドを手に入れてこそ、 進化の流れに乗ることができます。 ここで言う進化とは、
『挑戦弱者が進化・成長するための方法』の画像

僕たちは定期的に新境地の開拓が必要です。 年齢や性別や立場関係なく、全ての人が、 挑戦者となるべき順番が回ってきます。 たまには不慣れな不安と向き合った方が、 運が更新されて良い塩梅になります。 毎年じゃなくて良いから、 10年に1度くらいは新境地を開拓して
『新境地の開拓とは馴染みの定番の補充』の画像

10年来の親友にも初めましてのときはあったでしょう。 20年来の愛用の品も、まだ手に馴染まない、 取ってつけたような新品ピカピカの時代が、 確かにあったはずです。 今、何気なく使いこなしている母国語だって、 子供の頃はたどたどしかっただろうし。 お箸を持つ手
『新境地の開拓は未来の自分への贈り物』の画像

昔の正解って、今も正解とは限らないでしょう。 だって昔と今では、環境も条件も価値観も違うからです。 病気の治し方も、子供の育て方も、 商売の方法も、昔と今では違います。 それなのに。 昔の教科書や伝統的風習みたいなものを、 不変の正解・基準にしちゃうと
『運の知識の更新を止めるな ー磨かれ続けてこその経験値ー』の画像

その日、最初にやることを、 続けたいことにすると、 続きますほんと。 その日、最初にやることを、 終わらせたいことにすると、 終わります、確実に。 その日、最初にやることを、 伝えたいことにすると、 伝わります、真っ先に。 ところで、続けたいことは何ですか?
『最初に宿る実現性 ーまず初めに何をするかー』の画像

わたくし事ではありますが。 最近、すっかり朝の白湯が定着してきました。 季節関係なく、白湯を飲んでからの、 Podcast配信というのが、 もう2年近く続く毎日の定番です。 人生初の仙台・大阪に行った朝も、 寝坊して二日酔いで配信が遅れた朝も、 起きて、白湯を沸か
『朝から自動的に運を動かす仕組み』の画像

モノは考えようみたいな、 やや強引なポジティブ思考が、 昔からとても苦手です。 現実や状況を無視した、 ただ明るいだけの前向き感は、 不自然だし不健康です。 一時的な気休めには良いでしょうが、 それだといつまでたっても、 不安定な悪循環から抜け出せません。
『考え方を変える方法 ー運を変える間接的アプローチー』の画像

2ヵ月に1度の事始めも、 年に1度の吉方位旅行や、 10年に1度あるかないかの挑戦も、 どれも運を動かすには効果的。 暦に記された様々な情報をヒントに、 そういう予定を立て、 それまでの計画を練り、 運をデザインしていくのは素晴らしいこと。 僕は西企画での業務を通
『暮らしの視野の範囲内に素敵なものを配置して吉』の画像

全てのには移動は、 方位の吉凶が関係します。 こちらから、あちらへ向かうのも。 あちらに、こちらへ来てもらうのも。 あれを、あっちに動かすのも。 いずれも方位の吉凶を鑑定することができます。 ただし。 それだけで運の良し悪しが決まるわけではありません
『方位以外の運の構成要素』の画像

↑このページのトップヘ