西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

食と運 美味しく運勢up↑

ハンドメイドによるスローフードな食べ物は、 食材の栄養素+αのエネルギーを与えられ、 なおかつ、素材が持つ運を、消化吸収する力も高めてくれる、と考えられます。 代表的な例が、『お袋の味』。 昔から自分に刻まれた、パーソナルなソウルフードは、 それがミシュラ

占いにおいて『運勢』という言葉を目にすること、しばしばあるでしょう。 その時、その場での運の勢いのこと。 今年には今年の運勢があり、今月には今月の運勢がある。 それを読み解くことによって、運の波に乗れる、というもの。 今年というタイミングにおいて、 去年の

『地産地消(ちさんちしょう)』 というキーワード、ご存知の方も多いと思います。 地元のものを地元で消費すること。 基本的には、食材において使われる言葉なのかな。 『その地域で取れた農産物や水産物を、地元の人が、その地域にて頂く』 『観光や仕事などで、そ

白くて丸いハンバーグを 白いソースで頂いて 10月の運勢up↑ いよいよ迎えた2012年の勝負所。 この10月を乗り切るための運の栄養補給として。 ・白 ・丸 ・旬のきのこ ・勝負運 ・総合力up↑ 上記をテーマに組み合わせた開運レシピです。 【材料】2人分
『白いハンバーグ』の画像

食事と運を切り離して考えることはできません。 それは毎日のことだから。 直接体の中に入れるものだから。 食事こそ最も代表的なエネルギーだから。 『食べる』ということは、つまり、 自分自身では生み出すことのできない力があって、 その力を持ったものが外にあって

吉方位の効能を高める現地での過ごし方の秘訣として、 西企画がお勧めしている3つのポイント。 1.スパ(現地での温泉入浴) 2.グルメ(地元の名物や名産) 3.ショッピング(自分へのお土産) 温泉は、ない場合もあるので、万能ではありませんが、 郷土料理や地元

僕にとって、食べることは、家相や方位以上に重要な運のエネルギー補給源です。 美味しいものを、美味しく食べられることは、最上級の幸運です。 そうでない人もいると思います。 食事より、住環境や方位の移動の方が、ずっと大切、という方は、いっぱいいて然るべき。

『酒は百薬の長』 そんな言葉、確かあったと思います。 お酒は適度に上手に飲めば、どんな薬よりも健康に良く、 長生きできる万能薬となる、そんな意味だと思います。 他にも、健康のためのお酒や、食前酒・食後酒という食文化、 卵酒にホットワイン(風邪を引いた時に

赤と白のフルーツを使った 洋風白玉で 9月の運勢up↑ 七赤金気の月に合わせた赤い林檎、 それに六白金気の年に合わせて白い梨、 さらに丸い葡萄とコロコロ白玉を合わせた、 残暑にピッタリの冷たいデザートです。 下ごしらえに少し時間がかかりますが、 『食後のデザー
『フルーツ白玉』の画像

旬の夏野菜を使った 簡単ヘルシーサラダで 8月の運勢up↑ 立秋を迎えた以降は『残暑』というらしいですが、 実際の感覚は、まさにここからが暑さのピーク。 この季節を美味しく乗り越えるためのラッキーレシピとして、 旬の夏野菜をサクッと切ってサラッと頂ける、 簡単
『カボチャとモッツァレラのサラダ』の画像

↑このページのトップヘ