西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

暦の読み方

ゆうきこよみに掲載された、 最も目立つ主要コンテンツは、 運勢というやつです。 他にも色々と伝えたいことはあるけれど、 最も馴染みが良く、取り入れやすい読み物が、 運勢のページです。 今年の運勢。 今月の運勢。 今日の運勢。 時の流れは大小様々。 複数の流
『運勢の活かし方 ー規模に応じた使い分けー』の画像

備えあれば、憂いなし。 備えなければ憂いあり。 備えないときに限って備えは必要となり、 備えているときに限って不必要になる。 バッグの中の折り畳み傘には、 テルテル坊主以上の効果あり。 保険や予備は、 役に立たないことこそが幸運。 それが通常の運勢。
『厄除けと開き直り ー事前の準備と事後の対処ー』の画像

2022年、全員共通の運勢として。 新陳代謝が起こる運勢。 破壊と再生が活発になる。 壊れて生まれる。 問題が起こって課題に気づく。 それを解決して居場所が見つかる。 そんな自然の流れと同調するために。 色彩を取り入れるとしたら。 一白水星:赤・ピン
『自然と自分の流れをシンクロさせる色彩2022』の画像

2022年に待つ新陳代謝の荒波は、 ★問題発生は運が動くきっかけ ★壊れて生まれる新陳代謝 ★対処が必要なところに不具合が生じる など、前進には痛みが伴う運勢。 そこでは、 →自暴自棄になる →やる気を失う →言動が乱暴になる などの悪運のシナリオもあって。
『均衡・混合・適応 ー停滞時に打開の扉を開く3つの鍵2022ー』の画像

2022年に強まる流れは代謝。 そこでの課題は世界の再生。 ※ゆうきこよみ2022 p33参照 代謝とは次へ移行するための入れ替わりや交代のこと。 世界とは自分の居場所のこと。 再生とは見直しからの仕切り直しのこと。 働き方も暮らし方も、 人間関係や持ち物も、
『新陳代謝 ー壊れて生まれる2022年の運勢ー』の画像

運を休めるために休憩・休日を設定したとして。 または暦の上での休息期に、休もうと思ったとして。 『何もしちゃいけない(何もできない)』 と思い込むのは誤解です。 休息のときでも、 →食事やお風呂 →子育てや介護 →日々行うべきルーティーン などの日常
『休息のハードルを上げないで吉』の画像

『疲れたら休む』 という当たり前の自己管理が、 恥ずかしながら僕は不得意です。 いつも疲れているような気がします。 でも何かに夢中になると心身の療養を後回しにします。 仕事を大義名分にし、 『自分、頑張ってます!』 感をアピールしながら、 セルフケア
『予定+ホッ ー運の休息を成立させる組み合わせー』の画像

僕にとって2021年度の指針は、 『思い通りじゃなくて良い』 でした。 また、 →心だけじゃなく体も動かせ →一人ではできないことを協力して成し遂げる →三人寄れば文殊の知恵 なども、忘れたらすぐ思い出せるように、 しばしば開く暦のページに、 メモしておきま
『運勢のリマインダー ー忘れて思い出す仕組みづくりー』の画像

年盤中央の九気を見れば、 『停滞の前触れ』 『悪運のシナリオの入り口』 『今後の災厄を予感させる凶兆』 を推測することができます。 2020年:肥満 2021年:虫歯(歯痛) 2022年:腸内環境(腹痛) 2023年:消化器官 などがそうでした。 2020年:不満 2021年:交
『分かりやすい運気停滞の兆候 ー九気ごとに備わる凶兆ー』の画像

いつ頑張るかを決めるなら、 同時にいつ休むかも決めて吉。 頑張り方を正すなら、 休み方も正して吉。 頑張ることを誓うなら、 併せて休むことも誓って吉。 休みが決まっていないのに頑張るのは無謀。 頑張り方ばかり学んで、 休み方が下手くそなのは不自然。 休み
『頑張るなら休め ーオンとオフを切り離すのは凶ー』の画像

↑このページのトップヘ