西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

暦の読み方

2021年10月8日(金) 10時40分頃 寒露 本年度の最重要期間の開始。 ここから11月6日まで、超繁忙の10月。 1年の中で最も大きく運が動く1ヵ月。 また、運を動かす機会に恵まれる1ヵ月。 というわけで。 毎年恒例のblog朝晩2回更新を始めます。 朝と夜の7時にエン
『2021年の最重要期間が始まる ー超繁忙の10月開幕ー』の画像

西企画が毎年発行する、 『ゆうきこよみ』 という手帳の中で、最も重要なのは、 『大きな流れと課題』 というご提案です。 ブツ切れ・細切れの運勢ではなく、 年をまたぐ大きな時間軸において、 ★これまでどんな過去だったのか? ★それがどんな現在に繋がるの
『ゆうきこよみで栞をはさむべき最も重要なページ』の画像

『凶時期に何が起こるか?』 『凶時期は何を気をつけるか?』 『凶時期は何をしたらいけないのか?』 をチマチマ調べることに神経を使うのではなく。 “凶時期に入るまでの過ごし方” をデザインする。 それこそが現実的な吉凶知識の運用です。 そのお役に立てるよ
『凶時期を知るってすごく便利で安心でしょう、違うの?』の画像

2021年の流れに乗る方法は、 ★協力 ★運動 ★妥協 の3つ。 いずれも六白金気のゆうき行動。 協力:一人ではできないに複数人で取り組む 運動:頭だけではなく体を動かす 妥協:敵を減らして味方を増やす 交際も仕事も学習も、 上記のいずれかによって、 流れに乗
『協力・運動・妥協 ー可能性を広げる具体策ー』の画像

甲子の日。 開始・終了・再開の吉日。 新しく始める。 古いものを終える。 途切れたことをやり直す。 そのきっかけを探しているならば。 十干の始まりである甲(こう/きのえ)と、 十二支の始まりである子(し/ね)が重なる、 甲子の日が最適。 それって、単
『甲子生活 ー何度でもどこからでも仕切り直し可能ー』の画像

吉日を逃したとき、 『しまった!』 という反応は、誤りです。 『今回じゃなかったか!次回だ!』 こっちの方が、暦の性質に合った解釈です。 だって。 これからの未来、無限に溢れているのが吉日だもの。 これは気休めではありません。 実際、確かに目白押
『吉日を逃すことなんてない ー次こそが本物の吉日ー』の画像

甲子の日を始めとする、 縁起の良い日の過ごし方とは。 『誰もが認めざるを得ないような立派な予定』 だけが正解なわけじゃなくて。 そういうのも確かに素晴らしいけれど、 それだけが吉日に相応しい、 唯一の過ごし方じゃなくて。 当たり前の暮らしの中で、 日常に
『暮らしをアップデートする甲子の日 ー当たり前の日常の工夫ー』の画像

2020年の七赤金気の年に掲げた、 『好きを取り戻せ』 という目標において、 ★ダンス ★ヨガ ★ピラティス ★自転車 ★ジョギング などを趣味として始められた方。 とても素敵。 なぜならば。 2021年の六白金気の年に掲げる、 『体を動かせ』 という目標に
『好きな方法で体を動かして吉 ー七赤金気から六白金気の流れー』の画像

『いつお財布をおろすのか?』 に関しては、暦の中に、 ヒントが書いてあります。 ★巳 ★新月 ★甲子 ★天赦 ★一粒万倍 などなど。 使い始めに良いとされる吉日を、 色々と見つけてもらえるはず。 一方で。 『いつお財布を買うのか?』 は暦を開いて決めるべ
『お財布を買う時期の吉凶 ー暦を閉じるべきこともあるー』の画像

暦とは未来の予言書ではありません。 当たり外れを楽しむエンタメ書籍でもないです。 暦とは本来、 →様々な定期的サイクルの参考書(季節とか月齢だとか) →予定を立てる際の目安(日付とか曜日とか方位とか) →過去に起こった/起こした出来事の備忘録(立てた予定
『暦の限界 ー暦とは自分のためだけの万能な予言書じゃないー』の画像

↑このページのトップヘ