西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

暦の読み方

2020年は作法・約束・礼儀が運に影響する。 七赤金気の作用によるもの。 2021年は決まり・規則・ルールが運に影響する。 六白金気の作用によるもの。 どちらも同じ金気系統のキーワード。 2020年から2021年にかけての2年間は、 礼儀正しく規則を守るのが吉。 無
『礼と法が基準となる2年間 ー七赤金気から六白金気への流れー』の画像

2021年は、社会の難しさを知る年。 家庭や会社など、組織が諸刃の剣となる。 →家庭内での嫁姑対立 →一族内での主導権争い →組織内における派閥争い →異なる価値観の衝突激化 →集団での個人攻撃 などなど。 人が集まれば揉める。 周りを巻き込んで影響が膨らむ。
『2021年の運勢と注意事項 ー組織・社会の光と影ー』の画像

にしきかく新聞という、 季刊のニュースレターを、 発行しています(もちろん無料)。 立春・立夏・立秋・立冬に、 年に4回お届けする、 弊社からの運のお知らせです。 ゆうきこよみのご購入時や、 鑑定・講座でご来社のみなさんに、 配布しています。 トップ記事は毎
『好きを取り戻せたか? ーまだ間に合う2020年の課題ー』の画像

多くの方が誤解し、大げさに捉え、 萎縮しているようなのですが。 ★甲子 ★天赦 ★一粒万倍 を始めとする、縁日とは。 『立派なことをしないと意味がない日』 ではないです。 そこでの過ごし方とは、 より無理のない自然な、 →開始 →終了 →再開 が望ましい
『縁日の過ごし方 ー甲子・天赦・一粒万倍に適した予定ー』の画像

頑張り方が分からない人。 または頑張り方が下手な人。 それって十中八九、頑張るための、 ★段取り ★準備 ★計画の立て方 が分からないってこと。 または、それらが下手ってこと。 それと似ているのが暦の流れの乗り方。 繁忙の過ごし方が分からない、 また
『助走期の過ごし方 ー繁忙の良し悪しを決める準備期間ー』の画像

★大きな夢 ★強い意志 ★確固たる信念 などを原動力に生きていくことは、 とても素晴らしく高潔。 物語の主人公や歴史上の偉人、 著名な成功者は、 その多くが夢と意志を兼ね備えていて、 見習うべきお手本です。 その人生、生き様は、 まるで輝いているように見えま
『成り行きの重要性 ー強固な意志は必ずしも必要じゃないー』の画像

『暦の使い方が分からない』 『時期の吉凶とか言ってられない』 『方位とか運勢とか気にし始めるとキリがない』 というご意見、しばしばいただきます。 多くの場合、弊社のゆうきこよみではなく、 昔からある定番の運勢暦や、 別の専門家が作る別の暦を見て、 『暦って
『初めてゆうきこよみを手にした方へ ー暦を開く最初の手順ー』の画像

今日で今年が終わります。 そして明日から新年が始まります。 七赤金気から六白金気へ。 七から六への移行とは。 不足から過剰へ。 減るから増えるへ。 引き算から足し算へ。 『不要を削り必要を増やす』 が、七から六への理想のグラデーション。 『ないも
『2020年の終わりと2021年の始まり』の画像

ゆうきこよみに掲載されている、 ★年盤(ねんばん) ★月盤(つきばん) には、八角形の図形と、 そこに配置された漢数字とは別に、 欄外に記号が記されています。 それらの読み解き方に関して。 記号の意味 ア:暗剣殺(あんけんさつ) ハ:年盤では歳破(さいは)
『盤の記号 ーア・ハ・大・月の意味ー』の画像

暦の上での休息のとき。 ★1ヵ月丸々休む ★全ての仕事や役割を休む ★誰にも会わないで休む というのは、非現実的だし不自然。 例え可能であったとしても、 そんなことする必要がありません。 1ヵ月の休息期の中で、 →いくつかの休日 →10時や15時の休憩時間 →
『現実的かつ無理のない運の休ませ方 ー全部ではなく一部の養生ー』の画像

↑このページのトップヘ