西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

地相・家相

吉家相は現実的メリットとリンクします。 非現実的で迷信満載の、 怪しい家相学の話じゃないです。 『西に○○を置いて金運up↑』 なんてオマジナイも、 聞いたことがある方は一旦忘れてください。 そういうのではなくて。 機能的で快適な暮らしやすい住環境設定。
『家相学の根本 ーそこにあるものを最大限に活かした住環境設定ー』の画像

ここ数年、 ★転居 ★新築・増改築 ★不動産購入 の鑑定のご依頼が増えています。 新型肺炎騒動により、 世相が不安定になってからも、 その勢いは衰えません。 むしろ拍車がかかり、 毎日のようにお問い合わせをいただきます。 ところで現在、新型肺炎の影響によ
『夢中になると見失う均衡 ー住環境設定で最も大切なことー』の画像

その建築物で暮らし働く人が、 どんな運の影響を受けるか? その良し悪しを推測する目安として、 西企画では家相学を用います。 家相の吉凶を判断する基準は、 主に以下の3つが挙げられます。 『明るいかどうか(明度及び雰囲気)』 『爽やかかどうか(湿度及び匂い)
『家相学というマニュアル ー建築物の運を推測する目安ー』の画像

これからの時代、建物は新築ばかりでなく、 →誰も住まなくなった家 →誰も住めないような家 →このままだと倒れる家 などの、修繕や取り壊し、 大規模リフォームが課題になります。 今のご自宅が新築のお気に入りだったとしても、 その流れから無関係ではいられません
『建築物の取り壊しまたはリノベーション計画の立て方』の画像

人の活動や成長や補給を、 促進してくれるのが運の良い家。 『綺麗にしよう!』 『大切にしたい!』 『過ごしていて気分が良い!』 と思わせてくれる家が、それ。 一方で。 人の怠惰や諦観や疲労を、 助長するようなのが運の悪い家。 『どうでもいいや』 『面倒く
『運の良い家と悪い家 ー専門知識に頼らず住居の吉凶を判断する方法ー』の画像

屋内でも屋外でも、 暗い場所は陰気が集まりやすいです。 陰気が凶ではありませんが、 陰気は引気なため、 色んなものを引き寄せます。 その中には悪いものも含まれていて。 例えば埃やゴミ。 例えば湿気や臭い。 落ち込みや引きこもり。 害虫や壊れ物、不要物。
『陰気は引力 ー暗がりには穢れが集まり溜まるー』の画像

運を意識して住環境整備を計画する場合。 時期及び方位の吉凶を、 まず目安にするのが基本です。 ただし、その際は 整備の規模によって、 重視すべき暦の単位が変わります。 小規模:日を重視(年度関係なし) 中規模:月を重視(年度関係なし) 大規模:年を重視(年
『住環境整備は規模に応じた計画を』の画像

住居や店舗探しの際、 ★地下 ★半地下 ★地下付き 上記のような物件、 増えてきた気がします。 そこで、地相・家相から見た、 『地下物件』 の良し悪しに関して。 Q.地相・家相では地下をどう考える? 紆余曲折を経て、転居先が地下1階になりそう。 地下
『【FAQ】地下の物件は吉?凶?』の画像

★新築 ★増改築 ★転居 ★アパート選び ★マンション購入 などなど。 住環境設定において、 最も大きな最初の壁は、 『周囲の同意』 です。 これ、地相や家相の良し悪しより、 ずっと大切な基本です。 家族や勤め先、 または恋人や友人など、 自分にとって大切
『周囲の理解や納得を得ていない住環境設定は上手くいかない』の画像

↑このページのトップヘ