西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

地相・家相

住まいの運を変える手段は、 増改築や転居だけではありません。 ★模様替え ★家電・家具の買い替え ★カーテン・絨毯の交換 ★照明の再配置 ★絵画や写真の設置 などでも、家相は変えられます。 ハードだけじゃなくソフト面の運用も、 積極的に見直して吉。 例えば
『無数にある家相改善アプローチ ー手段を限定しないで吉ー』の画像

リモートワーク。 通勤のない暮らし。 住環境と労働環境が同じであること。 同じ建物で暮らしと稼ぎをどちらも行うこと。 通勤のリスク・コストが省けて良さそう。 かと思いきや。 実は通勤って、悪くないのです。 ある程度の通勤は役に立ちます。 人生の陰
『自宅労働において不可欠なONとOFFのスイッチング』の画像

家相向上の手段として、 ・玄関 ・台所 ・風呂 この3カ所における収納設備は、 とても大切です。 どの場所も、その配置や構造そのものは、 風水でも家相でも、 昔から重視されてきています。 僕が言いたいのはそのことではなく、 『上記3カ所の収納』 の重要性
『収納の重要性 ー現代の家相学における意外な要所ー』の画像

運が良い家を造るには。 または運の良い家を選ぶには。 さらには今の家を運良くするためには。 インテリアの工夫が欠かせません。 地相や家相はベースとしてもちろん大切。 けれど忘れてはいけないのが、 家具を中心としたインテリアです。 →無計画な家具の配
『運の良いインテリアに求められる3つの条件』の画像

住居に癒しを求めるならば、 布や木や土など、 ザラッとした手触りの、 温かみあるインテリアを意識して吉。 住居に活力を求めるならば、 トレンディーでオシャンティーな、 ツヤのあるデザインを配置して吉。 その両方を望むなら、 寝室は癒し系でまとめ、 リビングはピ
『家が醸し出す雰囲気の吉凶 ーセンスを問われる家相ー』の画像

家相学における盲点として。 建てることのコスト。 買うことのリスク。 それらが幸運のメリットを、 上回る場合があるってこと、 知っておいた方が良いです。 上記を踏まえると。 新しく家を建てない。 新しく家を買わない。 いずれも必要かつ重要な選択肢にな
『持ち家の負担とリスク ー建てて買って凶となることもあるー』の画像

自宅は、手をかけ、 大切にしてあげることで、 その気持ちに応え、 エネルギーを還してくれます。 仮に賃貸物件であったとしても、 1年以上継続的に寝泊まりしている建築物は、 相応の影響を、人と家で、 互いに及ぼし合うと考えられます。 持ち家(購入物件)ならば、
『人と家の絆を育てる方法 ー家に備わる家格及び家と人との相性ー』の画像

人に人格があるように、 家には家の『家格』があります。 それは辞書に載っている意味とは、 少し異なります。 ここでの家格とは、 『住居が持つ性格や器量』 みたいなものです。 人ではない家を擬人化し、 性格だの人柄だの表現するのは、 少し変な言い方かもしれ
『運が良くなる家の条件 ー良い家と合う家ー』の画像

良い家を建てようと思ったら揉めます。 家族間でギクシャクしたり、 施工業者とぶつかったりします。 新築でも増改築でも同じです。 揉めてなんぼです。 実はそれ、良い家を建てている証拠です。 理由を以下に説明します。 誰が家を建てるのか 家づくりにおける
『住居建築で揉めるのは決して悪運じゃない』の画像

家の中に、本を読みたくなるような場所はありますか? あるならそれは、運の良い家。 本を読むとしたらどこか、という話ではなく。 本をどこで読んでいるか、でもなく。 本を読みたくなるような場所が、あるかどうか。 それが重要です。 ★書斎 ★仕事部屋 ★勉
『本を読みたくなるような場所』の画像

↑このページのトップヘ