西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

土用の過ごし方

土気の作用が強まる季節。 それが土用。 ちなみに木気が春で火気は夏。 金気が秋で水気が冬。 日本は木火土金水の5つの季節が巡る地相。 で、そこで強まる土気の作用とは。 二黒土気でも八白土気でもなく。 五黄土気です。 五黄土気の作用とは新陳代謝。
『特別に荒ぶる土用を乗り越えるためには健康最優先』の画像

次の土用が始まる前に。 次の土用を始める前に。 想定や妄想を済ませておきませんか? 面倒なら10分だけでも良いです。 以前の土用の実感がまだ残っているうちに。 土用の消耗や損害が、まだ癒されていないうちに。 次の土用になってから、 →どこかへ行きた
『妄想を想定・予測に変換することで整う土用対策』の画像

年に4回訪れる季節の変わり目。 そこで、 『土用デトックス、ご一緒にいかが?』 とお誘いすると。 →毎日は無理! →毎食は無理! →難しくて無理! →プロテインが無理! →家族がいるから無理! →豆乳が無理・納豆が無理! →自分でお料理するのが無理! →素人
『僕の知らない条件で土用デトックスを諦めている方へ』の画像

年に4回、立春・立夏・立秋・立冬の前に、 必ずあるのが季節の変わり目、土用シーズン。 大気の状態が定まらず不安定になり、 人の心も体も運も浮き沈みが激しくなる、 注意の期間と考えられます。 『いや、もうちょっと詳しく!』 という方は以下のエントリ−を、
『土用中の誕生 ーまたは土用中の出産ー』の画像

どんなに激しい土用の荒波でも、 自分にある程度の余裕があれば、 比較的簡単に乗りこなせるものです。 ★気力 ★体力 ★時間 ★資金 ★人脈 などの備え・蓄えがあれば、 焦りや重圧で我を忘れずに済むし、 突発的な衝撃も吸収することができます。 ところが。 スッ
『土用の荒波を乗りこなす方法 ーまたは土用の荒波を和らげる方法ー』の画像

土用とは季節の変わり目。 季節の変わり目とは、 春夏秋冬どこにも属さない、 5番目の季節のこと。 5番目の季節は、 変動の激しい不安定な運勢。 入れ替わりのときであり、 浮き沈みのとき。 自然の入れ替わりや浮き沈みは、 人に対して悪影響となることが多くて。
『土用を無事に過ごすための意識 ー気をつける心が何よりの厄除けー』の画像

ただいま、季節の変わり目、 土用シーズン真っ盛り。 『土用ってなに?』 という方は以下のエントリーへ。 ★土用のまとめ で、不安定などんより土用中に、 衝撃的なトラブルが起こったとして。 それは土用デトックス。 1シーズン溜めこんだ悪い気が、 土用に
『土用ショックからのデトックス ー悪い気の排出のきっかけー』の画像

土用とは、瞬間ではなく期間の運勢。 季節の変わり目という、 不安定なおよそ18日間のこと。 その不安定は、 更新・移行のために必要な作用。 それがあるから、自然は循環します。 けれど、その不安定が悪影響になります。 いつもとは異なる、 安定していない時空
『土用を乗り越える3つの秘訣 ー不安定な波の和らげ方ー』の画像

土用を利用して僕は清めをします。 3ヵ月に1度の定期的なお清めです。 お清めと言っても神社仏閣で、 お祓いを受けるわけではありません。 滝に打たれて禊をするのも違います。 古い季節の穢れを落とし、 新しい季節を迎えるための、 暮らしの中でのお清めを心がけ
『土用ルーティーン ー清め・更新・調律の習慣ー』の画像

土用とは、運が不安定になる期間。 その影響から、 人の心や体も不安定になるので、 様々な場面で慎重さを求められます。 どうして土用に運が不安定になるかというと、 季節の変わり目だからです。 春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、 大気が移行する更新時期なの
『土用という季節の存在意義 ー土用はあってくれて良いー』の画像

↑このページのトップヘ