西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

吉方位旅行

吉方位旅行とは。 『こうであらねばならない』 という規定・規格・定型があるわけじゃなくて。 何が正しく、どれが良いかは、 個々の実力やその時点の状況に合わせて、 変動していくものです。 それを知らないと苦しくなります。 知識の誤解・誤用で自分を縛ると、
『吉方位旅行における情報の多くは不変の絶対条件じゃない』の画像

吉方位旅行計画を立てるなら。 年盤と月盤が重なる月を選んで吉。 ゆうきこよみにおいては、 ★超繁忙 ★最重要期間 ★方位の作用大 などの表記で分かりやすく目立たせてあります。 何年も前から詳細な予定を練り、 予約まで入れるのは時期尚早。 新型肺炎の影響
『新型肺炎の影響が続く不安定な未来を踏まえた吉方位旅行計画   』の画像

吉方位を目指して、 旅行をすることの利点として。 僕が最も大切だと思っているのは、 効能ではないです。 仕事運とか恋愛運だとかが、 上がるかどうかには、 実はあまり興味がありません。 それよりも。 世間の流行やマスコミのお勧めとは、 全く異なる別視点で、
『吉方位による限定解除 ー世界の扉を開く鍵ー』の画像

安心して旅に出かけることができるようになったなら。 吉方位へ出かけましょう。 今こそ吉方位旅行が必要です。 でも、そうすると、 『この時期に海外旅行とか無理』 『子育てもあるし旅行なんて』 『お金がないから遠出は難しい』 という思い浮かぶ方、少なくない
『“これから”の吉方位旅行ガイドライン@西企画』の画像

吉方位へ出かけることで、 運を上げたいと思ったら。 どんな専門家からも文句を言わせぬ、 『非の打ち所のない完璧な吉方位計画』 を実行するのが、当たり前ながら理想です。 それなら一切の不安なく出かけられます。 けれど。 理想を目指し、どれほど頑張っても
『不完全な吉方位計画 ー非の打ち所はあって当然ー』の画像

家族での吉方位旅行にこだわって、 『全員共通の吉方位がない』 『子供にとって凶になっちゃう』 『夫婦で吉が揃うことがない』 とか、うだうだ言ってると、 いつまで経ってもどこにも行けないどころか、 家族にとって必要な運と縁を逃します。 そこで足踏みしている暇
『それでもどうしても家族で吉方位旅行へ行きたい方へ』の画像

僕にとっての吉方位旅行とは。 『その時点での最大限』 を基準に計画されたお出かけのことです。 ★滞在時間 ★移動距離 ★予算 ★目的地 ★現地での行動 いずれも変動であり、状況次第です。 『吉方位旅行とはこうであらねばならぬ』 などと言う不自由な制約は
『身の丈にあった吉方位旅行 ー基準はその時点での最大限ー』の画像

吉方位旅行の計画を立てる際、 僕が最も重視・優先するのは滞在です。 距離や支出金額やパワスポは二の次、三の次。 (ちなみに滞在の次は親和性を大切にしています) 滞在とは、どれだけの時間、 現地に留まることができるか、です。 滞在2時間未満は吉方位旅行では
『吉方位での滞在時間を増やし効能を高める秘訣』の画像

吉方位旅行とは、 『遠くへ行かないと効果ない』 『海外じゃないと意味がない』 『近場へ行っても仕方ない』 というご意見があるそうです。 より長距離の方が効能は高い、 ということならば僕も同意見です。 ただし、何をもって長距離とするかは、 当人の分度(実力
『海外と国内ではどちらが吉方位旅行に適しているか』の画像

↑このページのトップヘ