西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみのご購入はこちらから
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

吉方位旅行

毎年、1ヵ月か2ヵ月は、 方位の効能が最大化する、 吉方位強化月間があります。 吉方位計画って、早く立てるほどに効能が増します。 ギリギリになるほどボーナスは減ります。 『行けたら行く(行けなかったら行かない)』 という感覚だと効能は下がります。 ★今年
『吉方位強化月間の5ヵ月前から始める計画』の画像

吉方位旅行の計画を立てる際。 僕が優先するのはグルメです。 美味しいものが好きだから。 人によっては、 ★神仏参拝 ★温泉入浴 ★景勝地散策 などを先ず調べる方が良いことも。 価値観が違えば計画も変わる。 より親和性の高いものを組み込むべき。 何を
『何を通して運を呼吸するかは人それぞれ』の画像

吉方位の旅では、 高速道路の渋滞や、 電車の遅延が付き物です。 『渋滞中にするしりとりのお題』 『駅の待ち時間で聴く音楽リスト』 『トラブル時に美味しくいただくお菓子』 などを毎回定番の常備品として、 事前に揃えておいても良いくらいです。 吉方位の旅では、
『吉方位をもっと楽しむ心構え ー色々起こる吉方位あるあるー』の画像

吉方位の効能が強まる月。 中でも特に吉方位旅行に最適な日。 というのがあります。 西企画においては、 『吉方位強化月間』 なんて呼んだりもします。 ゆうきこよみの上では、 『☆★の日』 と掲載したりします。 吉方位旅行計画を立てる際には、 最も役
『吉方位へ行くまでもない人 ーそれを頑張れた自分こそ吉ー』の画像

★地元の旅館 ★近所の観光地 ★最寄りの有名店 って、実は意外に縁のないもので。 外の人の方が詳しかったり。 知識としてはあったとしても、 経験が少なかったり。 例えば僕は、 ★伊香保温泉 ★草津温泉 ★水上谷川 などに行ったことがありません。 長野や
『近くて遠い地元での冒険 ー近距離吉方位旅行の穴場ー』の画像

僕にとっての吉方位旅行に、 →教科書上の理想 →神社仏閣への参拝 →パワースポットへの訪問 は、あまり重要ではありません。 それらを絶対条件にすることはありません。 また、それらをマストと定め、 みんなに強いる専門家が嫌いです。 それら“も”参考にする
『吉方位の楽しみ方 ー西敏央が大切にしている吉方位旅行の3つの要点ー』の画像

『仕事があって吉方位へ行けない』 『子育てがあって旅行はできない』 『◯◯や××で吉方位旅行は諦めた』 という方。 その大切な仕事や子育てに専念して吉。 その◯◯や××を無視しないで吉。 それで運が動きます。 吉方位旅行に行けないから運が悪くなる、 な
『吉方位をあきらめないで ー理論上の理想を絶対条件にしないで吉ー』の画像

西企画において、 吉方位旅行の効能を高めるのに、 最も重視しているのは、 現地での滞在期間です。 距離の長短の影響は、 年々弱まっていると考えています。 あの山の向こうや、 あの海の向こうに、 何があるのだろうと夢見ていた時代は、 遠い過去の話。 距離(移動
『新しいスタイルの吉方位旅行 ー求められる試行錯誤と創意工夫ー』の画像

西企画において。 吉方位旅行での、 理想の滞在期間は二泊三日です。 往復の移動時間を抜いて丸々24時間、 吉方位の現地で過ごす滞在を理想とします。 絶対条件ではないので誤解なく。 『二泊三日できないなら意味がない』 『日帰りや一泊では効能がない』 『理想以
『吉方位旅行の絶対条件 ー敷地外の吉方位へ出かけることー』の画像

あれは確か、2021年9月のこと。 仕事を抜け出して、サラッと、 吉方位ツーリングへ出かけたのですが。 ★山道でシフトペダルがモゲて修理 ★ゆったり運転車両がずっと前で足止め ★目当ての蕎麦屋が休みでランチ難民 など、短時間に色々なことが起こり、 とても良い旅
『吉方位旅行のエンタメ化 ー全てを楽しむために必要な想定ー』の画像

↑このページのトップヘ