西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー

自分の運を、他の誰かに頼るのではなく、自分自身で決めたいと願う全ての人達へ。吉方位旅行や凶方位対策、お水取りによる自然水の飲用、本命星と月命星、運勢・運命・家相など、運気を高める方法は多種多様。群馬県富岡市と東京都千代田区を中心に、運気鑑定を生業としている自分が、それらの知識をどんな風にリアルライフに取り入れているかご紹介します。

西敏央BLOG ー全ては素敵な偶然の必然ー イメージ画像
★1.鑑定のご依頼はこちらから
★2.ゆうきこよみ2024販売中!
★3.ご質問はこちらから

※鑑定をご検討中の方は一番上のリンクへ。
※西企画のオリジナル暦は2のリンク先にて。
※ご質問はYouTubeLiveの記事のコメント欄へ。

吉方位旅行

お手元にゆうきこよみ2024がある方は、 p25の『凶方位別の注意事項』を開きつつ、 以下、読み進めてください。 そこには、 →北の凶方位へ行くなら水難に気をつけてね →南の凶方位へ行くなら飲酒に気をつけてね →方位別に注意すべきことは違うからね ってことが書い
『吉方位での除毒 ー吉方位が持つデトックス効果ー』の画像

九気の作用を知っていると、 吉方位旅行計画の立てるのも、 少し楽しくなってきます。 ゆうきこよみの中には、 九星別吉方位一覧表があります。 そこで、一白水星から九紫火星まで、 それぞれの星の吉方位を、 確認することができます。 ゆうきこよみがあれば、 『
『九気の作用を参考にした吉方位旅行計画』の画像

非日常的な選択は停滞の予防に役立ちます。 いつもの場所でいつものことをするのではなく、 いつもとは異なる場所で、 いつもとは異なることをやる、 それで停滞から抜け出すきっかけが手に入ります。 ★吉方位を狙ってお水取りをする ★吉日から新しい習慣を始める ★寺
『暮らしに組み込む非日常サイクル ー無自覚な停滞を防ぐ運のデザインー』の画像

僕が吉方位旅行計画を立てる際、 重視しているのは、 ★スパ(温泉地滞在) ★グルメ(地酒・地魚・地の物) ★ショッピング(自分へのお土産) の3つです。 その土地ならではの気を呼吸するのに、 温泉・名物・自分へのお土産が、 最も現実的かつ効率的だからです。
『現実的な吉方位旅行 ー理論上の幸運より具体的な効能重視ー』の画像

吉方位旅行計画を立てようと思ったら。 1.行く最適期間:吉方位強化月間 2.行く最適方位:自分にとっての吉方位 3.行く最適場所:吉方位の範囲内の場所 この3つが必要な判断材料になります。 方位の効能が高まる時期に、 吉方位の範囲内にある街で、 スパ・グルメ
『吉方位旅行に最適な期間・方位・場所の調べ方』の画像

ゆうきこよみの中では、 yearly・monthly上で、 ☆と★のマークが2つ重なる日が、 年に3回か4回あります。 それは、年・月・日の盤が同じ配置で揃う、 とても特別なタイミングです。 365日のうちの3か4です。 『だからなに?どうしたらいい?』 という方。 最も代
『☆★の日の最も代表的な過ごし方は吉方位旅行』の画像

『吉方位旅行先での臨時休業は偶然の必然』 って、後から聞くと気休めと感じてしまう人、多いはず。 だから先に伝えておきます。 そういうこと、よくあるある。 避けたいなら事前に予約や直前で問い合わせを。 また。 『吉方位旅行先での忘れ物/失くし物』
『吉方位旅行あるあるの予習と復習』の画像

吉方位旅行とは、歴史の浅い開運方法です。 何千年も前から続く伝統的手段ではなく、 『古き良き高度成長期に広まった流行』 という捉え方が正確です。 ただし、 →だから嘘 →つまり無意味 →それって効果なし と言いたいわけではありません。 そんなことを
『これまでの経験値を踏まえた吉方位旅行計画』の画像

現代的な吉方位旅行スタイルが確立したのは、 昭和の高度成長期です。 今からだと、およそ60年くらい前。 豊かになってきた日本人が、 飛行機・新幹線・自家用車など、 様々な移動手段を利用できるようになり、 各地の観光を楽しめるようになってきて。 そこにちょう
『実はまだ未熟な吉方位旅行 ー意外にも歴史の浅い方位学ー』の画像

↑このページのトップヘ