2024年度は老若男女全ての人にとって、
新境地の開拓が課題となる運勢です。


そんな1年間では、
仕事でも交際でも健康でも、
挑戦が運を開く鍵となります。


★初体験
★初訪問
★初対面


それらが運を動かします。


迷ったときや手詰まりになったときは、
未知の人・物・場との接点を増やすことで、
現状の打開を狙えます。


もう既にやることが決まっていて、
変更の余地がないのなら、
迷ってないし、手が詰まってないのだから、
素直にそれをやるだけです。


そうではなく、どっちにしようか迷ったり、
どれにすべきか見失ったりしたときは、
挑戦こそ進むべき道です。


そこで、安心の定番に依存しちゃうと、
運は閉じるし、成長のきっかけを逃します。


新しい未知の分野を、


『よく分からないから』
『不慣れで不安だから』
『何となく怪しいから』


という理由だけで毛嫌いしちゃうと、
せっかくの未来への展開を逃します。


というわけで、2024年12ヵ月は、
いつでもどこでも、どこからでも、
挑戦の一歩を踏み出して吉。


ただし。


2024年夏の挑戦は、勢いにまかせず慎重に。


立夏以降、火気が強まり、
感受性が敏感になる暑い季節において、
最も強く影響を受けるのは感情です。


仕事でも交際でも、
カッと頭に血が上って暴走したり、
ズンと落ち込んでやる気を失ったりなど、
気持ちの上下が激しくなります。


ちょっとしたことがきっかけで、
自分も他人も燃え上がりやすくなるので、
炎上騒ぎが起こりやすくなります。


そんな燃え上がる夏に気をつけたいのは、
判断を求められる場面です。


そこで、揺れる感情のまま、
物事の良し悪しを決めちゃうと、
的外れな言動で力が分散します。


力が分散するとは、
例えば集中できないとか、
ちゃんと考えられないとか、
自分を見失いやすいということでもあります。


散った力で仕事や人間関係と向き合うのは、
なかなか疲れます。


同じ失敗を繰り返したり、
作業が進行しなかったりで疲弊します。


この疲弊がストレスやイライラに変わって、
さらなる炎上の引き金になります。


というわけで、対処方法を1つ。


5月・6月・7月という3ヵ月の間に、
判断を求められたときは、
気持ちが落ち着くのを待って吉。


その場の勢い・ノリや、
感情の盛り上がりを原動力しないこと。


『鉄は熱いうちに打て』


とか言わず、感情も雰囲気も、
温度が冷めてから改めて、
課題と向き合い直せたら安心。


それで、余計な炎上・衝突を、
避けられるようになります。


もっと具体的なことを言うと。


大切な挑戦は良く寝てから決めて吉。


新しい出会いや初体験に向き合うのは、
心が盛り上がったときではなく、
ちょっと冷めた頃合いを見計らって吉。


『大切なことだから明日の朝決めよう』


という心がけが、直感を引き出し、
より自分らしい判断につながります。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
▼鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。




▼ゆうきこよみ2024

運をデザインする手帳

ゆうきこよみ2024

ご購入窓口はこちらです



基本セット


▼こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。




▼オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

お友達を5人集めて呼んでください。

ゆうきこよみの使い方を紹介します。

もちろん無料です。




▼運をデザインするこよみラボ

ゆうきこよみユーザーのための、
オンラインサロンを作りました。

開運情報や便利ツールなど、
様々な特典をご用意してお待ちしています。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法