挑戦をキーワードとした、
運のデザイン(スケジューリング)って、
とても難しいです。


下書き段階のデッサン(候補のリスト化)も、
すぐには思い浮かびません。


『この年齢で、この環境で、何に挑戦できるか?』
『これからを見据えて、どんな挑戦が必要か?』
『ドキドキできる挑戦って、何があるか?』


その答え、すぐには見つかりません。


ゆうきこよみ2024の原稿に取り組んだ頃、
2023年の5月頃から、

 
★自分にとっての挑戦とは?
★どんなことが開拓につながる?
★仕事における前進とは?発展とは?
 

と、毎日そんなことばかり考えています。


そうして自分なりにアンテナを張りながら、
良さそうなアイデアを集め、
ある程度集まってきた挑戦の候補リスト。


まだやるかどうかジャッジする前の、
2024年の運のデッサン。


さてその中から、何を選ぼうかなと、
改めて見返してみても、残念ながら、
全然、テンションが上がらないのです。
 

なんなら、


『えー、マジかぁ、だるいわあ』


って感じになります。


だって。


嬉しくて楽しくて気楽で簡単な選択は、
昨日までの47年間の中で、
ほとんどできているのです。


頼まれなくても、勝手にやってきました。


僕のような怠け者でも、
サッと手をつけることができる、
好みに合った挑戦のほとんどは、
もう済んでいるのです。
 

残っている初体験や初対面はどれも、


『手をつけられないまま残っているだけの理由』


が、それぞれに紐づいています。


行ったことないのは、
行くのが大変だったからだし、
会ったことないのは、
会うのが面倒だったからだし、
食べたことないのは、
値段が高かったからだし。


できれば、引き続き、避けて通りたいものばかりです。


できない理由が解決したわけじゃないから、
それらに挑戦しようと思うと、
何かしら、僕が頑張らなくちゃならないわけで、
もう本当に面倒です。


この感覚、分かっていただけるでしょうか。

 
行ったことないレストラン、いっぱいあります。


やったことのない取り組みは星の数ほどあります。


可能なら行きたいし、やりたいです。


けれど、実行するためには、
実力の向上や協力者の有無など、
クリアすべき条件が複数あるのです。


そこを改めて自覚させられるから、
大変だなあと思うわけです。

 
正直、挑戦候補をリストアップしている段階では、
そこまで自分と向き合う必要はないし、
条件を突きつけられることもありません。


実際に予定に組み込むかどうか、
そのジャッジを後回しにして、
とりあえずリストを作る段階では、
気も重くないし。
 

ところが、いざその中から、
どれを採用するか現実的に考え始めると、
かなり重苦しいわけです。


それまでの自分の怠慢や弱さ、
意気地のなさや不甲斐なさを、
見せつけられているような気がしてきます。


そして。


それを乗り越える勇気と、
そちらへ踏み出そうとする意志のようなもの、
やっぱり必要なんだろうなと気づきます。


挑戦のためにまず向き合うべきは、
挑戦してこなかった自分というか。


同じような気持ちで、
挑戦のデザインやデッサンと向き合っている方、
いらっしゃいましたら、すごくお察しします。


僕も同じなのです。


なかなか勇気を出せないし、
願わくば引き続きサボっていたいです。


けれど、それだと時代に置いていかれ、
また周囲の成長して行く人たちに追い抜かされ、
停滞の未来が待っているのは間違いなし。


だから、踏み出しましょう。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
▼鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。




▼ゆうきこよみ2024

運をデザインする手帳

ゆうきこよみ2024

ご購入窓口はこちらです



基本セット


▼こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。




▼オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

お友達を5人集めて呼んでください。

ゆうきこよみの使い方を紹介します。

もちろん無料です。




▼運をデザインするこよみラボ

ゆうきこよみユーザーのための、
オンラインサロンを作りました。

開運情報や便利ツールなど、
様々な特典をご用意してお待ちしています。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法