土用

暦を利用して運をデザインする上で、
最も大切な情報の1つに、
土用というのがあります。


他にも色々な目安はありますが、
僕にとって1・2を争うヒントは土用です。


その主な理由は3つ。

★土用が運のデザインに役立つ3つの理由

1.年に4回定期的に来る
2.当たり感(実感)が強い
3.地味に一般的



適度にオカルトチックではあるものの、
決して迷信や虚構ではなく、
確かな存在感のある運勢だから、


『暦のこと、良く分からなくて』


という方、まず土用を取り入れた運のデザイン、
お勧めいたします。


また、土用を前向きに受け止め、
健やかにヒントにしてもらえるように、
これからも土用を発信し続けます。


土用とは、年に4回、
3ヵ月周期できっちり定期的に来る、
季節の変わり目のことです。


3ヵ月なんてすぐ来ます。


春や夏と違って、4回もあります。


つまり、他の季節と違って、
利用頻度が高いのです。


せっかく調べて学んで覚えるならば、
より多く活かせるものが素敵。


だから僕は土用が好きです。


土用は良く当たる運勢です。


その内容は、


『世相も心身も不安定になる注意の時期』


というものなのですが、
なんてことはない、
ただの季節の変わり目です。


季節の変わり目は、
職場での働き方も家庭での暮らし方も、
人間関係も、どれも変動します。


温度が変われば商材も変わるし、
更新期間中は心も不安定になるし、
そのせいで、色々と気疲れも生じます。


そういう不安定感って、
特殊能力がなくても実感しやすいのです。


みんなに共感してもらえる土用は、
みんなの共通認識にもなりやすいです。


だから、そこをヒントにすれば、
無理のない運のデザインが可能です。


土用って学校では教わらない5番目の季節。


『土用?土曜じゃなくて?』


と戸惑う方も多いですが、
実は暮らしに馴染んでいて。


例えば梅仕事とか鰻の販売促進とか。


土用という言葉は使わずとも、


『季節の変わり目は気をつけて』


なんて慣用句もあるほどです。


土用という言葉自体に馴染みはなくても、
実は意外と親和性が高く、
そういう情報は覚えて損なしです。


というわけで。


土用を意識した働き暮らすために、


『次の土用はいつだろう?』


と暦をひらいてもらえたら嬉しいです。


また、次の土用を踏まえて、
予定を調整することができたなら、
それは立派な運のデザインです。


お試しを。


ところで↓


ゆうきこよみの発売は毎年9月9日です。

そこから1月まで、在庫を切らせたことはありません。



ご購入窓口は↑をクリック・タップ!

また、発売日前に、とてもお得な先行予約販売もしています。

そちらは毎年5月5日から8月8日の期間限定です。

去年もそうだったし、来年も同じです。

どうぞお見知りおきを。




それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
▼鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。




▼ゆうきこよみ2024

運をデザインする手帳

ゆうきこよみ2024

ご購入窓口はこちらです



基本セット


▼こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。




▼オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

お友達を5人集めて呼んでください。

ゆうきこよみの使い方を紹介します。

もちろん無料です。




▼運をデザインするこよみラボ

ゆうきこよみユーザーのための、
オンラインサロンを作りました。

開運情報や便利ツールなど、
様々な特典をご用意してお待ちしています。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法