自分の選択が間違っていると、
簡単には認めたくないのが脳というやつ。


脳は自分の都合の良いように、
現実を補正する機能を持っています。


自分は間違っていないと、
自分は正しいんだと、
そう思い込むために、
無意識に実際の現場を捻じ曲げます。


多少辻褄が合わない程度なら、
さらっと目をつぶって強引にこじつけます。


過去に遡って記憶を改竄し、
思惑に合わせたストーリーを再構成します。


そんな時の根拠として、
吉凶が使われることがあります。


あります、というか、多いです。


せっかくの運の知識を、
事実の捻じ曲げのために使ってしまうこと、
実は多いのです、経験上。


僕自身にもあります。


自分の落ち度を棚に上げ、


『これは土用のせいだ』
『きっと相性が悪いからだ』
『だって占いでそう言ってた』


みたいな考え方で、
強引に納得しようとしちゃう脳を、
僕も持っているのです。


これは人としての自己防衛本能なのでしょう。


現実をありのままに直視し続けるのは、
なかなか難しいことであり、
心身へのストレスも大きいです。


そこで、


『この選択は間違っていない』
『これは自分のせいではない』
『原因は吉または凶なんだ!』


と思い込めたならば、
思い通りにならない不都合な世界から、
目を背けることができます。


けれど、そんな自己満足を、
何度も積み重ね続けていたら、
運は悪くなる一方です。


実際の現実や物事の本質を、
見失って間違えるからです。


上記にて説明した通り、
脳は簡単にバグります。


そして、運の知識というのは、
脳をバグらせる材料として、
うってつけなのです。


それってすごく危険なこと。


本当の理由を知りたい人にとっては、
自分の判断力を鈍らせる足かせになるし、
鑑定の現場においては、
本当の運を見誤る一番のタブーです。


本気で運を知りたいなら、
まず素直に現実を見て吉。


相手との相性の良し悪しを調べる前に、
自分の言動や相手の調子、
またお互いの背景などに意識を向けて吉。


健康運を疑う前に、
ここ1年の食習慣や生活習慣、
人間関係や住環境を確認すべきです。


仕事運や金運の停滞を、
凶時期や凶方位や凶運勢のせいにせず、


『これまでの努力は成功に見合った質と量か?』
『時代に合った働き方ができているか?』
『お金の勉強はしてきたのか?』


などを先ず振り返るのが鑑定というやつです。


そうじゃないと、脳は意外と簡単にバグります。


自分にとって都合の良い改竄ツールとして、
吉凶を利用しようと働きます。


僕もみんなも、そういう脳内システムを、
持ってしまっているのです。


というわけで。


僕がご依頼を受けて鑑定をする際は、
まず吉凶を棚上げし、
客観的に(やや冷酷に)、
現実を見ようと努めます。


占いの言葉を期待し、
吉凶を求めるご依頼者様を無視し、


『それって吉凶は関係なくね?』


という態度で現実を素直に見ようと努めます。


そんな求められていないことは、
百も承知の上で淡々と事実を把握します。


それで、脳のバグを抑えられます。


安易に何でも吉凶と結びつけようとせず、
より正しい目で運と向き合えるようになります。


それが僕なりの、鑑定の流儀です。


予めご理解とご了承をよろしくお願いいたします。


それでは☆






ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法