毎年3月3日からは表紙総選挙!


ゆうきこよみの表紙デザインを、
みんなの投票で決定します。


本日、2022年3月3日午後7時の開始です。


4月3日までの1ヵ月間、投票を受け付けます。


4月4日に集計及び発表です。

表紙案insta用0303-1

今回は、多くの候補デザインが挙がり、
それを絞り込む段階から苦労しました。


何を最終選考に残し選挙にかけるか、
自分だけでは選びきれなくて。


InstagramでのLIVE配信にて、
open meetingを開催し、
みんなにご協力いただきました。


その模様はこちら。


ボツになったデザインも、
素敵なのでご覧ください。



その上で残った候補デザインは3つ。


細かな理屈は抜きにして、


『どれが最も好みに近いですか?』


その答えを投票にて教えてください。


どのデザインも、
理論に裏付けされた十分な縁起が、
同じくらいぎっしり詰め込まれています。


どれを選んでも運は良いです。


あとは好み(親和性)が決め手です。


それぞれ詳しくご紹介します。


候補1:『唐草模様』

日本の伝統的なテキスタイルに、


『吉祥文様』


というのがあって。


その色柄自体が縁起物であり、
青海波や七宝つなぎなど、
様々な色柄が数多く存在します。


そして。


2023年は四緑木気の年。


四緑木気の代表的なモチーフは、


→ボタニカル
→緑・葉・蔓・蔦
→すくすくと成長する植物


などで。


そこで、その植物の吉祥文様として、
最も代表的な唐草文様を、
現代的にアレンジし、
表紙に落とし込んでみました。

表紙案insta用0303-2

伸びゆく蔦と葉には、
成長の生命力が込められています。


また、先へ先へと伸びるその様は、
縁のつながりや、
人脈・良縁の広がりを暗示します。


候補2:『唐草クローバー』

吉祥文様である唐草と、
これまた幸運の象徴である、
四つ葉のクローバーを、
ゆうきこよみの上で組み合わせました。


植物の幸運モチーフMIX。


縁起と縁起のマッシュアップ(混合)です。


同じ植物のデザインなので、
親和性も高いだろうなと。


もしもこのデザインが選ばれたら、
ここからさらに細かなアイデアを加え、
洗練させていこうとワクワクしています。

表紙案insta用0303-3

表紙を世界と見立てたとき、
先へ先へと芽・葉・茎・蔓を伸ばし、
自分の世界を広げていく植物の成長。


その先に透けてみえる、
一面の四つ葉のクローバー畑。


それはまるでお花畑のようでもあって。


花は2024年のゆうきこよみのモチーフ決定で。


さらに未来へのグラデーションを連想させる、
そんなデザインです。


候補3:『曲線ストライプクローバー』

四緑木気の年において、


→ボーダー
→ストライプ
→シマシマ


は大切なモチーフなのですが。


植物を前面に押し出したい2023年において、
直線のみで構成されたストライプは、
僕にとって納得がいかなくて。


そこでデザイナーさんに発注したのが、


『曲線のみで構成されたストライプ』


でした。

表紙案insta用0303-4

この曲線のストライプは、
見方によっては吹き抜ける縁の風であり、
時代と時代をつなぐ、
しなやかな流行の線をも意味します。


さらに。


その風に乗って舞い飛ぶ、
幸運の四葉のクローバー。


そんな風に、
ボタニカルとストライプを、
四緑木気で繋ぎ組み合わせたのが、
こちらのデザインとなります。


3つの投票方法と投票期間

どの候補デザインが好きか?


グッときた1つを教えてください。


投票方法は以下の3つのうちのどれか。


1.西企画講座会場にて投票用紙に記入
2.Twitterのアンケート機能にて回答(※)
3.ゆうきこよみInstagramのコメント欄


※Twitterアンケートは2022年3月28日から!


分かりにくければ、
または何か不備があれば、
このエントリーのコメント欄まで、
お知らせください。


選挙期間は本日、
2022年3月3日から、
4月3日の期間です。



開票・集計・発表

より多くの共感を得た候補を、
ゆうきこよみ2023の表紙にします。


開票と集計は、2021年4月4日です。


その日の19時のブログにて、
結果を発表いたします。


そして。


選ばれた候補デザインをさらに磨き、
完成度を高め、最高の表紙にします。


※候補デザインはいずれもラフな下書きです
※配置や色味、詳細は、選挙後に仕上げます
※ガラリと変更することはないのでご心配なく


ゆうきこよみの表紙の重要性

弊社が発行するこよみにおいて、
表紙というのはとても大切。


なぜならば。


『持っているだけで、運が良くなる』


というのを目指しているからです。


日本には古来から、


『縁起物』
『吉祥文様』
『魔除けの図形』


という考え方があり、


★鶴
★亀
★招き猫
★龍
★松竹梅


などなど、様々な幸運のモチーフを、
置物や根付や屏風や襖、
着物・絨毯に落とし込み、
運を助ける支えにしてきました。


それと同じことで。


持ち歩くだけで
その年の幸運と良縁を、
引き寄せ、掴み、育ててくれる、
そういう力を、
表紙デザインに宿したいのです。


どの候補を選んでいただいても、
同じくらい、運の効能はあります。


十分に理論を構築してあるので、


『なぜそれが縁起良いのか』


の根拠を説明することができます。


そこは安心してください。


あとは、フィーリングであり、直感。


そして、


『みんなに選んでもらった』


という、偶然の必然。


それを決め手にします。


ご協力を、どうぞお願いいたします。


それでは☆