大切なことは、
聞かれたら何度でも、
同じように答える。


大切なことなら、
聞かれる前に、
何度でも初めてのように伝える。


『あ、それもう聞いたわ』
『分かってる分かってる』
『その話、飽きました』


と言われるのを恐れず。


口癖のように。


というのが僕の役割です。


▼例1.中央という方位


ゆうきこよみの吉方位一覧表を見て、


『中央ってなに?』


と思った方へ。


同じゆうきこよみのp31をご確認ください。


そこに色々書いてあります。


結論のみご紹介すると。


現住居の取り壊しをする際にのみ、
中央の吉凶が影響します。


それ以外のときは気にしないでください。


あれこれ関係のない何かに結びつけ、
余計な心配や行動を増やさないで吉。


▼例2.吉方位とは


吉方位とは、


『行かなければならない方位』


ではありません。


そんな非現実的なことはあり得ません。


けれど。


無意識にそう思い込んでいる方は多いです。


旅行・買い物・転居・進学・就職など、
全ての進路選択は、
吉方位でなければいけない。


そんなルールは存在しません。


吉方位とは、
選択の余地があるとき、
または自分に選択権があるときの目安です。


選択肢や選択権がないときは、
別の基準を使うのが基本です。


▼例3.凶方位とは


凶方位とは、


『絶対に行ってはいけない方位』


ではないです。


ましてや、行ったら絶対に悪影響がある、
凶作用しかない場所ではありません。


それなのに。


旅行・買い物・転居・進学・就職を、
凶方位でしては絶対にいけない、
と感覚的に誤解してしまう方、
少なくありません。


今、この時点で修正しましょう。


凶方位とは、
気をつけて行くべき方位、
または対処が必要な方位のことです。


行く必要があるならば、
注意・対処をして行けば良いってことです。


(行く必要がないならば、行かないのが当然吉)


上記が、他の専門家とは異なる、
西企画式(西欽也・西敏央流)の、
中央・吉方位・凶方位の定義です。


いずれも、blog読者様なら、
見たり聞いたりしたことあるはず。


けれど、しばらくすると忘れちゃう。


または当事者となっていざ意識すると、
色んなことが気になっちゃう。


そんなのは、当たり前に良くある話で問題なし。


やばいのは、そこで確認をせず、
妄想で暴走すること。


だからその都度、何度でも確認を。


忘れたら思い出せば解決です。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法