家相について、
神経質に理屈を意識し、
細かいことまで気にするのは、
僕の性格にも信念にも合わないです。


住まいの運の良し悪しは、
間取りの吉凶だけでは決まりません。


土地・建物と居住者の相性もあるし、
機能性・安全性や、不動産価値も大事。


だから、教科書に書いてあることだけで、
簡単に決められるようなもんじゃない。


だから、聞かれれば、


『こういう考え方はありますよ』


と手持ちの知識をご紹介するけれど、
聞かれなければ、押し付けません。


住居建築の図面設計の際には、
誰が何と言おうと自分がお気に入りの、
安心できる機能・体裁こそ最良の吉家相、
って方向で、話を進めていきます。


また、このblogの読者様にも、
そのような住環境設定をお勧めします。


そんな風に、
神経質に家相にこだわらない主義の僕ですが、


『これだけは気にしちゃうな』


ってこと、実はあります。


→壁にやたら釘や画鋲で穴あけまくり
→ガラス天板のテーブル
→統一感のない壁紙や家具の配色
→とにかく窓を増やしたがる設計
→子供の数だけ子供部屋がある家


などなど。


いずれも、西敏央は、凶とします。


全世界共通の正解ってわけじゃありません。


住居の吉凶鑑定は、
色んなロジックが乱立していて。


また、同じ基準でも、
扱う専門家ごとに、
微妙な解釈の違いがあって。


『誰にも文句を言わせぬ完璧な吉』


を探すのは不可能です。


だから、誰かが言った凶を、
必要以上に大げさに受け止め、
落ち込む必要などありません。


特にそれが。


『自分にとってのお気に入り』


なら、なおさらです。


例えば。


僕は、ガラス天板のテーブルを凶とします。

木製や鉄製などと比べると、
割れやすいからです。


机や床などの基盤となる設備・家具は、
より壊れにくいものを吉とします。


地震のとき下に避難することができるような、
丈夫なテーブルがお勧めです。


けれど。


ガラステーブルを、
お気に入りの安心・癒しと思って、
日々、嬉しく利用しているならば、
僕のこの情報を苦にする必要なし。


それは無計画な壁への釘打ちとか、
統一感のない配色なども同じです。


『それは自分にとってのお気に入りか?』
『何を持って安心・安全とするか?』
『誰かの意見ではなく自分の選択か?』


そう自分に問いかけた上で、
出した答えなら全て吉家相。


そういう場所で暮らしていけば、
ちゃんと運は整っていきます。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法