方位学

方角の作用を九気で分類すると。

北30度:一白水気=家庭運
南西60度:二黒土気=仕事運
東30度:三碧木気=発展運
南東60度:四緑木気=交際運
北西60度:六白金気=勝負運
西30度:七赤金気=恋愛運
北東60度:八白土気=貯蓄運
南30度:九紫火気=名誉運

※吉ならup↑で凶ならdown↓



上記の通り、360度を8種類に分けることができます。


例外なのが中央という方角。


実際には角度はなく、


『現住居または主となる建物(母屋)』


を中央:五黄土気=再生運とします。


方角の吉凶を意識して、
暮らしの選択・計画をする場合。


1.滞在
2.投資
3.建築


の際の目安の1つとしての運用が基本。


ただし、あらゆる移動に結びつけ、
神経質にこだわるのは不自然だし非現実的。


★長期滞在
★長距離移動
★高額投資
★非日常的決断
★住環境設定


以外の場面での影響は微弱。


絶無ではないけれど作用が小さく、
無理に頑張ってみたところで、
費用対効果は低いです。


非日常的で特別な場面において、
方位を判断基準の1つに使うのは有効。


例えば、


→住居や本社の移転
→車やスマホの購入
→新築や増改築


などで、


『どこが吉方位になるだろう?』
『次にあそこが吉方位になるのはいつだろう?』
『こっちとあっちならどちらが吉方位だろう?』


と吉凶を調べるのは建設的で計画的。


正当な方位学の運用。


一方で。


日常的な暮らしの端々まで、
吉凶を当てはめるのは非効率。


例えば、通勤・通学、
スーパー・コンビニでの買い物、
恋人とのデートなどなど。


『日常的な移動で方角を意識しても意味がない』


なんてことはありません。


あらゆる移動は吉凶で分別できるし、
小さくても積み重ねれば大となります。


けれど。


そこで他にもある様々な影響を無視し、
方角のみにこだわるのは不自然。


方角だけが吉となる生活により、
方角以外の凶が増えてしまうのは、
総合的に見て運の停滞につながります。


方角は、ここぞという節目で意識して吉。


日常は大らかに過ごしつつ、
大切な場面では計画の目安の一つとして、
方角の吉凶を調べて吉。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2022発売!

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口は上記リンクから。

きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法