九星学カテゴリ

二黒土星・五黄土星・八白土星が、
問題解決の方法として、


『自分を犠牲にすること』


に依存し始めると、
結果的に誰のためにもならないので注意。


特殊な状況における、
特別な1回だけなら問題なし。


常態化は超危険。


自己犠牲は根本的な解決策にはなり得ません。


不具合の原因を残したまま、
問題を誤魔化すその場しのぎになります。


また、他人の成長を阻害したり、
都合の良い存在として自分が消費されたりなど、
様々な悪影響が考えられます。


というわけで。


職場においても、
家庭においても、
最も注意すべきことは、
自己犠牲の常態化です。


ところで。


二黒土星・五黄土星・八白土星から、
運を奪ってしまう、
特に注意の自己犠牲とは。


→誰かの身代わりになること
→自分だけが負担を引き受けること
→我慢によって不具合の帳尻合わせをすること


などが挙げられます。


正直な話、僕のような、
いい加減で無責任な人間なら、
考えられないようなことばかり。


我慢できなくて迷惑をかけたことはあるけれど、
自分が我慢をして帳尻合わせをするなんて、
難しくてできません。


ところが。


土星の方は星としての器というか、
運の大きさが桁違いなので、
自分にはそこまで自覚がなかったとしても、
無意識に身代わり・負担・我慢をしてしまいがち。


だから、知識として、
意識しながら働き暮らすのが安心。


★筋肉に負担をかける鍛錬
★チャンスが来るのを待つ忍耐
★毎日コツコツ積み重ねる継続


などは、我慢ではないので全く問題なし。


ところで。


子のため、親のため、パートナーのため、
その身を犠牲にすることが、
人生において一度や二度あるのは、
珍しくないことでしょう。


そんな特別な場面で、
大切な相手のために、
この身を尽くし、何かを捧げることで、
自分の運が致命的な打撃を受けたり、
相手の未来を阻害したりすることなど、
ありません。


そうではなくて。


自己犠牲というその場しのぎの対応が、
毎年・毎月・毎週、定番の、
常とう手段になってしまった瞬間、
自分と相手の運が停滞する。


頻度や規模も危険ですが、


『まあ、そういうもんでしょ』


みたいな、お互いの当たり前感こそ、
最も危険な凶兆だと思います。


誰かが道を外してしまう前に、
自己犠牲からの卒業を。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2022発売!

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口は上記リンクから。

きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法