土用

本年度3度目の土用がやってきました。


土用とは季節の変わり目のこと。


慎重に過ごしたい注意の期間。


『何それよくわからん』


という方は、お時間のあるときに、
以下の様々なエントリーを。


★土用のまとめ


立冬前、秋の土用は、


★開始:2020年10月20日07時35分頃
★終了:2020年11月07日08時15分頃

※時間は24時間表記


というのが暦の上での基準です。


今年の上半期というのは、
新型肺炎や緊急事態宣言の影響により、
誰も経験したことがないような、
イレギュラーな日々だったでしょう。


だから、土用だけに限らず、
半年間ずっと不安定な日々。


誰にも先が見えない流れ。


そのせいで、土用の作用も、
そこまで大きくない、
比較的穏やかなものでした。


ただでさえ不安定な流れの中で、
作用が薄まったから。


派手な集団の中に、
派手な人を入れても、
あまり派手に見えないのと同じ。


一方で。


下半期を迎えてから、
少しずつ、日常に戻り、
なんとなく安定感を取り戻しつつある現在。


そこで迎える土用は危険。


今年、最も土用らしい土用な日々を、
過ごすことになるはずです。


そこでの注意事項は3つ。


以下をご確認ください。


※ゆうきこよみ2020 p8参照


1.無礼

目上の存在への、
カジュアル過ぎる言動は、
下品とみなされてしまう。


酒席では特に言動を丁寧に。


酒量はいつもより控えめに。


予定や約束をすっぽかし、
またはすっぽかされて、
相手と気まずくなる。


スケジュール管理は念入りに。


確認は何度でも。


忘れないための工夫として、
自己管理だけでなく、
他人の目でもチェックを。


2.見栄

余計なプライドは、
自分の価値を下げ、
感性を曇らせることになる。


偉そうに振る舞うほど、
軽く見られてしまう。


尊重して欲しいなら、
謙虚に穏やかに。


セクハラやパワハラによる騒動に注意。


被害を受けたときは周囲に相談。


上から目線は他人の感情を逆撫でする。


偉い人ほど腰は低く。


3.依怙贔屓

無意識な偏見で判断を誤る。


人間関係を選り好みすると、
無関係なところからも反感を買う。


想像や感情だけでの、
勝手な決めつけは争いの元。


事前に調べ、しっかり教われば、
誤解も摩擦も減らせる。


『自分は大切に扱ってもらえるはず』


という思い込みも、


『自分こそ特別に扱って欲しい』


という要求も、トラブルの元。


自分でイライラし、
自分でドタバタする、
ひとり炎上騒ぎに注意。


疲れるものからは離れて

本年度の土用において、
その不安定の荒波に飲まれ、
停滞してしまうことになるのは、
疲弊・消耗が主な原因です。


お金と体力と時間が足りないから、
土用のデメリットが直撃します。


毎日休むわけにいかないのは、
重々承知です。


お金も時間も、限りがあること、
僕も身にしみて共感します。


だからって。


なんの工夫も調整もせず、
すり減る一方では危険です。


自分の心身を削るようなものからは、
なるべく離れるように意識して吉。


ストレス因子に近づかず、
また近寄らせない意識を持つだけで、
少し優しくなれるはずです。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことは上記リンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。


★ゆうきこよみ2021のご注文はこちら

ゆうきこよみ2021は1,320円
卓上calendar2021は880円

メールでのご注文を承ります。

ゆうきこよみ2021メールオーダー


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法