自分の流れを整え、
自然の流れに乗るためには、


『いつ頑張るか』


よりも、


『いつ休むか』


の方を、より大切にすべきです。


休みを大切にする、とは、
具体的に以下の3つが求められます。

★休息の3条件

1.予定:計画的を立てる
2.告知:事前に知らせる
3.投資:お金をかける



逆に言うと。


→不定休で働き暮らす(休めたら休む)
→周りに休みを知らせない(周りが休みを知らない)
→タダで休もうとする(癒しや療養をケチる)


それだと、好調時なら良いものの、
不調時に一気に歯車が狂います。


オフィシャルもプライベートも、
定休日を作り、それを周知徹底し、
その上で、ある程度のお金をかけて休んで吉。


運を意識して休みを取る場合、
頻度よりも定期性が重要です。


どれくらい休むべきか、
どう休むべきかは個人差があり、
状況によっても変わります。


そこを固定するのは危険です。
臨機応変に、柔軟に、自分らしく。


一方、


『いつ休むか』


は一定のサイクルの中で、
キッチリとリズムを作って吉。


『休めたら休む』
『休みたくなったら休む』
『休めないから休まない』


が最も運を乱します。


休みを、自分の感覚だけで、
正しく判断ができるような、
自己管理がしっかりした人なんて、
いたとしても、ごくわずかです。


そもそも、自己管理がしっかりできる人は、


『休めたら休む』


とか言いません。


流れを意識して仕事や生活するなら、
業務や家事の段取りの中に、
まず定休をきっちり組み込んで吉。


その上で、周囲にも分かるように休んで吉。


★家族
★顧客
★取引先


など、周りが、


『あ、あの人、今日は休みだな』
『あのお店、毎月第一水曜日が休みだ』
『あの会社は、祝祭日はやってない』


と理解できるように、
根回しをしっかりと。


さらに。


休みになったら、
ただダラダラと過ごすのではなく、


★良い食事で栄養補給する
★好きな映画を観に行く
★ボディケアのために専門家のサービスを受ける


など、分相応な範囲の投資をして吉。


それでこそ、本当の休みになります。


ガムシャラに頑張っても、
無計画に休んでも、
自然の流れは乗りこなせません。


頑張り方ばかり意識して、
その割合や順序を間違えると、
運は乱れます。


人生はメリハリ・オンオフ・強弱が必要。


『休めたら休む』


は典型的な悪運のシナリオ。
不調時にありがちな休めない悪循環。


良い流れに乗れているときは、


『休むためのアクション』


を起こせるし、再始動も順調に進みます。


頑張らざるを得ない人こそ、
恐れず真剣に休んで吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★ゆうきこよみ2020表紙デザイン総選挙結果発表

2020年度版の、
ゆうきこよみの表紙デザインが、
投票により決定しました!

先行予約販売の窓口も、
併せてご紹介しています☆


★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に立ち上げた、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。

現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★千代田講座2019

2019年度の東京で定期講座。
全日程&内容は上記のリンクで。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セット予約は2ヵ月前から可能です☆


★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

暦の読み方に興味がある方。

呼んでください。

そこまで行きます。

遠く離れていても。


★こよみよみYouTubeLive2019 ー世界の果てでも暦読みー

毎月第1水曜日の夜はライブ配信の日。

YouTubeにて暦を読みます。

ご質問はこちらのコメント欄まで!



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法