水分とは、失った分を、
後から補給するのではなく、
失うであろう分を、
予め補給しておくのが吉。


お金とは、ある分を、
あるだけ使うのではなく、
使うであろう分だけ稼ぎ、
使える分だけ使うのが吉。


体力とは、ギリギリまで頑張り、
限界を超えてから休むのではなく、
心身を労わり調子を整え、
良い状態で大事に向き合うのが吉。


運も全く同じで。


消費してからの補給ではなく、
消費を見越して事前に、
十分確保すべきもの。


水分もお金も体力も運も、
なくならないように消費(投資)するのが、
基本中の基本でしょう。


企業における内部留保ではないけれど、
自由に使える余力は、
持ち主の実力を示す数値です。


いつも通帳がギリギリで帳簿がカツカツだと、
自転車操業により苦しみ、
余計な負担・重圧で停滞します。


余裕を持ってやりくりするためには、
原資に手をつけないこと。


『使わないけれど、確かにある貯蓄』


を、余力として確保しておくこと。


その上で、支出の必要があるならば、
使う分だけを追加で準備し、
それを予算の範囲内で使っていくのが吉。


同じ支出でも、運が良い人は、
無くなってから補給せず、
使っても無くなることはなく、
常に余力を温存しているもの。


だから、万一の不測の事態や、
ここぞという勝負の場面で、
慌てず対処ができるもの。


そして。


ここが最も重要なことなのですが。


『ここでもしものことがあっても貯蓄がある』


という心の余裕が、幸運と良縁を引き寄せます。


時間に余裕がある人の方が、
慌てなくて済む上に、
慌てなくてはならない事情が発生しません。


時間に余裕がない人は、
当然、慌てることになるわけですが、
そこに追い討ちをかけるようにして、
さらに慌てさせられるトラブルが起こります。


十分なお金の貯蓄がある人のところには、
臨時収入や良い仕事の話が入ってきます。


ギリギリで綱渡りをしている人のところには、
更なる借金を背負うことになる理由や、
美味い話(架空の儲け話)ばかりが、
狙い撃ちかのように舞い込んできます。


この仕組みが分かると、
過ごし方が少し変わってくると思うのです。


余裕がある人は、いつも余裕があります。


それは単に恵まれているというだけでなく、
余地や余力を意識的に確保しているからです。


余裕が余裕を呼び込む、
余裕の好循環を作り出しています。


ギリギリの人は、いつもギリギリです。


それは、性格や環境の問題もあるでしょうが、
それだけが原因ではないようです。


ギリギリがギリギリを呼び込み、
ギリギリの悪循環を作り出しているのでしょう。


そこから抜け出すことを望むならば。


まずは、


『使う分』


を先に準備し、その分だけを使って吉。


次に、


『余力』


を確保し、その元手には手をつけないで吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★ゆうきこよみ2020表紙デザイン総選挙結果発表

2020年度版の、
ゆうきこよみの表紙デザインが、
投票により決定しました!

先行予約販売の窓口も、
併せてご紹介しています☆


★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に立ち上げた、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。

現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長


★千代田講座2019

2019年度の東京で定期講座。
全日程&内容は上記のリンクで。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セット予約は2ヵ月前から可能です☆


★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

暦の読み方に興味がある方。

呼んでください。

そこまで行きます。

遠く離れていても。


★こよみよみYouTubeLive2019 ー世界の果てでも暦読みー

毎月第1水曜日の夜はライブ配信の日。

YouTubeにて暦を読みます。

ご質問はこちらのコメント欄まで!



★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法