運勢にも色々なものがある中で。


『上がった株は下がる』
『頑張った分は休息が必要』
『二度あることは三度ある』
『師走は忙しくなる』
『生き残るのは優秀な人ではなく変われた人』


などの自然の流れは、
かなり確度の高いヒントです。


他にも。


★週末の夜は道も街も賑やかになる
★ゴールデンウィークの宿は高い
★お盆帰省の新幹線・飛行機は混雑する
★2月は寒いから人が出かけなくなる
★8月は暑いから物が売れなくなる


なども、もはや常識とか、
年中行事だとか言っても過言ではない、
誰もが知っている運勢です。


専門知識を持つ占い師ではなくても、
その未来は誰もが予想可能です。


だから、賢い大人は、
それを踏まえて行動します。


例えば、お出かけの際、
あえて週末や連休を避けたり。


毎年恒例の帰省では予め、
移動手段(新幹線や飛行機)のチケットを、
予約・手配したり。


そのことを運勢とは意識していないでしょうが、
曜日や祝日や季節の風物詩だって、
立派な未来を予測する基準です。


そして。


それらの有用な情報を読むために、
暦というツールがあります。


仕事のペース配分や、
休みの日の過ごし方などを、
その時その場の感覚のみで、
無計画に決めるのは、危険です。


偏りが出て、均衡が崩れるからです。


仕事のし過ぎ、しな過ぎ。
休み過ぎ、休まな過ぎ。


どちらも、確かな理由があって、
限られた期間、一時的にそうなるならば、
全く問題はありません。


けれど、そういう無計画性が常態化すると、
仕事運・交際運・健康運など、
あらゆる面に悪影響が及びます。


年間の労働日数と休日数を、
全て綿密に管理して吉、
なんて神経質になる必要はありません。


それでも、大体の把握は、すべきです。


しかも、自分の記憶や感覚に頼らず。


そのとき。


暦はとても便利な、
行動計画ツールになり得ます。


先の日付を眺めながら、
曜日や季節を想像し、
様々な予定を立てていく。


そこでは、誰もが自分専属の占い師。


吉とか凶の専門知識を知らずとも、
その行為そのものが、
未来を読むという鑑定です。


それで、運が整います。


『暦の見方(使い方)が分からない』


とか言わないで、
まず、翌月や翌々月の、
ページを開いて眺めてみる。


そこから始めて吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★ゆうきこよみ2019メールオーダー

2019年度の運勢暦&卓上カレンダー。
『ゆうきこよみ』として生まれ変わりました。
史上最高の出来栄えです。

メールでご注文を承り全国へ発送します☆

ゆうきこよみ表紙

★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に、2018年1月から始める、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。
現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長

★千代田講座2018

2018年度の東京で定期講座。
下半期の全日程が決まりました。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セットでのご予約は2ヵ月前から可能です☆


★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

これまでは、
会いに来ていただくのみだった、
こよみを読み解く講座。

これからは、会いに行きます。
呼んでください。
こよみ呼び。


★質問専用エントリー2018

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法