方位学

例1)遠方で学ぶ子供が、方位を理由に、帰省できない(させない)。
例2)遠方で暮らす子供がいても、方位を理由に、行けない(行かない)。
例3)遠方で別居している限り、親子の面接は、方位の制約を受ける


これって、本当に正しいのか?


見所となるのは3つ。


1.親子
2.遠距離別居
3.方位の吉凶


留学や寮生活や単身赴任などの理由により、
これらが重なり合うことは、
決して珍しくないことです。


そして。


上に挙げたどの例も、方位学だけで考えれば、
決して間違いではないのかもしれません。


けれど。


方位学以外の観点から眺めると、
ツッコミどころが満載の、
かなり偏った考え方だと僕は感じます。


まず、


吉方位というのは、


『行かなければならない方位』


ではないです。


凶方位というのは、


『絶対に行ってはいけない方位』


ではないです。


そこの認識の仕方によって、
答えは大きく変わってきます。


西企画において、吉方位とは、


『行くと良い方位(選択の目安)』


です。


選べるならば、選んで吉。


一方、凶方位とは、


『行くなら対処が必要な方位(対処の目安)』


です。


避けられるなら、避けて吉。
避けられないなら、行った上で、対処して吉。


まず、これを踏まえるだけでも、


★子供がお盆やお正月に帰省できない(帰省させてもらえない)


という状況は、不自然であることが分かります。


当然、


★子供のところへ親が行けない(吉のときのみ行って良い)


というのも、不自然な話です。


ましてや、


★親子の面接は方位の吉凶によって決める


なんていう方位学は、ない方が幸せでは?


とさえ感じ、フンガーとなります。


★先祖供養(お盆やお彼岸)
★冠婚葬祭(入学式や卒業式も含む)
★病気療養(看病のため)
★協力要請(親が子を、子が親を助ける)
★年中行事(恒例の家族でのイベント)


など、そこに確かな必要性と必然性があるならば、
そこが吉方位じゃなくても、仮に大凶方位でも、
心配せず、親は子のところへ行くべきです。


また、子は安心して、親のところに帰って良いです。


特に理由がないならば、
無理に行き来する(させる)のは無駄です。


そうではなくて。


親子の絆を、乱すような方位学の誤用は避けて吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★ゆうきこよみ2019メールオーダー

2019年度の運勢暦&卓上カレンダー。
『ゆうきこよみ』として生まれ変わりました。
史上最高の出来栄えです。

メールでご注文を承り全国へ発送します☆

ゆうきこよみ表紙

★こよみ部 ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉に、2018年1月から始める、
大人の部活動@群馬県富岡市です。

活動は毎月第1・第3土曜日。
現在、部員募集中!

ねこ部長とお待ちしています。

ねこ部長

★千代田講座2018

2018年度の東京で定期講座。
下半期の全日程が決まりました。

無料のこよみよみ。
有料のこよみよみ+PLUS。

セットでのご予約は2ヵ月前から可能です☆


★吉方位こよみよみ ーそこまで会いに行きますー

これまでは、
会いに来ていただくのみだった、
こよみを読み解く講座。

これからは、会いに行きます。
呼んでください。
こよみ呼び。


★質問専用エントリー2018

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法