土用

季節の変わり目、土用シーズン。


春夏秋冬の間にある5番目の季節。


いざ土用に入ってから、


『どうなるの?』
『どうしたらいい?』
『どれはダメ?』


と急に土用を意識するのでは不自由。


できること、やっておけることが多い、
土用前にこそ、もっと、


『どうしたらいい?』


て気にしないと。


良く土用を過ごすためには、
良い流れで土用を迎える必要あり。


土用前にはほぼ確定するのが、土用中の運勢です。


そこで、今、以下の3つを確認。

★土用前の確認事項3つ

1.買うべきものは買ってある?
2.言うべきことは言ってある?
3.やるべきことはやってある?



これを自問自答したとして。


『もう買ってある』
『事前に言ってある』
『すでにやってある』


そういう状態を整えて吉。


どうせいつかは、
やらなくちゃならないことがあるとして。


または、いつかそのうち、
やってみたいことがあるとして。


だったら、土用が始まる前に、
手をつけ踏み出してしまうのが健全。


まだずっと先延ばしにできる問題なら、
焦らずのんびり構えていれば良いですが、
そうでないならば、土用前が吉。


土用の不安定な洗礼を浴びてしまう前に、
自らの意思で手をつけるのが安心。


成り行きに任せていたら、
いつのまにか始まってしまった、ではなく。


自分の意思で計画的に始めることが大切。


土用中に大切なイベントや、
契約や業務があるとして。


土用前に立てた計画の実行が、
土用中に計画通り実行されたとしても、
不安定な自然の悪影響は受けにくいです。


事前の根回しや段取りが、
しっかり充実しているほどに、
運の安定感は増し、
土用中でも心配は減ります。


土用をむやみに恐れ、
不安を膨らませるくらいなら、
土用なんて知らない方が運は良いです。


かと言って、季節の変わり目という、
確かな運勢を無視し、
知っているのに活かさないのはセンス悪いです。


もう知ってしまったからには、
暮らしに取り入れていきましょう。


そして。


土用という知識が活きるのは、
土用中じゃなく土用前の今です。


事前にできることを済ませて吉。


それでは☆






ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法