みんな、あまりに馴染み過ぎていて、
意識していないかもしれないけれど、


『誕生日(生まれた月日)』


は自分固有の吉日です。


1年に1度しか来ない、
運を動かす機会です。


開始・終了・再開の計画に迷ったとき、
まず検討すべきは誕生日です。


印を付けて目立たせるべき日

誕生日って、お釈迦様とキリスト様、
あとは天皇陛下の分くらいしか、
カレンダーに掲載されていません。


だから吉日ではない、
なんてことはあり得ません。


特別に効果の強い、
自分だけの縁日です。


載ってないならば、
自分で印を付け目立たせるべきです。


忘れたまま過ごしてしまうのは、
とてももったいない、大きな損失です。


乱暴に扱ったら、運と縁を逃します。


自分の生まれた日を大切にして吉。


誕生日の活かし方

自分自身の誕生日は吉日。


開始・終了・再開のチャンスです。


それで運が動きます。


それで運が変わります。


★新しくものを使い始める
★悪い習慣を終わらせる
★途切れた趣味をやり直す


などなど、どれもお勧め。


例えば入籍や離籍にも吉。


起業(登記)にも最適。


大安や甲子の日や天赦日よりも、
ずっと貴重な年に1度のチャンスです。


その日が仏滅だろうが赤口だろうが、
不成就日や土用と重なろうが、
そんなことは関係ありません。


一生涯確定している、
年に1度必ず巡ってくる、
特別な吉日です。


物・事・場にもある誕生日

誕生日というのは、
人だけのものではありません。


物・事・場にも誕生日はあります。


★会社の設立記念日
★夫婦の結婚記念日
★お店の開店記念日


などがそれに当たります。


いずれも新たに運が生まれた吉日です。


組織や物・事の誕生日は、
さらっと流さずお祝いをして吉。


また、そこを軌道修正や、
新しい挑戦の機会として活かして吉。


そこから良い流れが始まるし、
また悪い流れを元に戻すこともできます。


誕生日を忘れるということは、
それらの機会を逃すということ。


もったいないです。


大切な人の誕生日

自分のお誕生日を祝うのと同じくらい、
大切な人のお誕生日もまた、
実は吉日です。


そこを開始・終了・再開に使うのも、
それを祝うのも、
運の良いこと(良くなること)です。


とは言え。


誰の誕生日でも良いわけではありません。


自分自身と同じくらい大切な、
家族や恋人や恩師であってこそ、
吉日としての効能を持ちます。


愛する家族や恋人の吉日から、
新しい挑戦を始めるとか。


尊敬する恩師の誕生日に、
新規事業を起こすだとか。


そして。


そのことの最も素晴らしい点は、
大切な人の分だけ吉日があるということ。


大切な人が増えたら、
吉日も増えるということ。


なんて素敵!


もはやそれ自体が、運の良いことです。


誕生日を大切にして吉

『◯◯をするのに最も縁起の良い吉日はいつ?』


という鑑定のご依頼をしばしばいただきます。


色んな流儀の色んな専門家がいて、
色んな吉日があること、僕も知っています。


それらを否定するつもりはありません。


それぞれに根拠があり、
相応の効能を持つのでしょう。


ただ。


それらと比べたとき、
ご自身の誕生日が見劣りするように、
感じてしまう方はいませんか?


なんなら、誕生日のことなど忘れ、
その他の吉方位ばかり、
探してしまっていませんか?


それは間違っていると思います。


他にもある最高・理想の吉日たち、
それらと同等、またはそれ以上に、
特別な効能を持つのが、誕生日です。


自分の誕生日を大切にして吉。


自分の大切な人の誕生日を活かして吉。


それでは☆


ご質問はこちらのリンク先のコメント欄へ


鑑定・講座・書籍のお知らせ
鑑定のご依頼はこちらから

→対面鑑定
→メール鑑定
→電話・オンライン鑑定

いずれもご予約承ります。

詳しいことはリンク先にて。

ご検討中の方は是非ご一読を。



★ゆうきこよみ2022

2021年9月9日発売!

パステルマーブルの鮮やかな表紙。

ご購入窓口はリンク先にて。



きほんセット


★こよみ部オンライン ーねこのいる大人の部活動ー

『くらしにこよみを』

を合言葉にした、
月に2回のオンライン部活動です。

ねこ部長とお待ちしています。



ねこ部長


★オンラインこよみよみ ーどこでも繋がれますー

呼んでください。

どこでも繋がれます。

遠く離れていても。






★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法