『中のものを全て出す』
『または中身を入れ替える』
『古いものから新しいものに交換する』


上記はいずれも土気のお清め。


塩も酒も火も使っていないけれど、
確かに大きな厄払い効果を期待できる、
伝統的なアプローチです。


最も代表的な例は神社の遷宮。


20年ごとに全てを入れ替え、
社殿ごとそっくり交換しちゃうという、
壮大なスケールのお清めを、
繰り返し続けるような神社もあります。


『そのままでいいじゃん、手間もお金もかかるし』


と言いたくなることもあるかもしれません。


けれど、聖地を清らかに維持するためには、
どうしてもその作業が必要なのでしょう。


何故ならば。


★入れっぱなしの中身
★入れ替わりや新陳代謝のない状態
★全てが古いままの惰性


それらは全て、運の停滞に繋がります。


停滞した運は穢れを引き寄せ、
何らかの悪影響の原因となります。


そこで必要になるのが、土気の清め。


ちょっと気を抜くと停滞しがちな、
運の要所で求められる定期的リセット。


その目安を以下に。

★排出・入替・交換による土気の清めの理想的頻度

★お財布の中身を全て出す:3ヵ月に1度(土用ごと)
★収納(※)の中身を全て出す:1年に1度(大掃除や衣替えなど)
★建築・転居・リフォーム:30年に1度(住環境の見直し)

※冷蔵庫・クローゼット・タンス・物置など。



僕達は、神仏を祭祀するような、
聖域で働き暮らしているわけではありません。


だから、20年に1度の頻度で、
職場や家を建て替える必要はありません。


けれど。


だからと言って、何の入れ替えもしない、
というのは穢れとなります。


排出・入替・交換の機会を定期的に作ることで、
大きなお祓いの儀式をしなくても、
長く綺麗な運を維持することができます。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★新春開運講座&スペシャル講座2018@千代田 先行予約のお知らせ

毎年恒例の1月のお祭りイベント。
千代田での新春開運講座。

先行予約はおかげさまで満席!
お申込み受付終了となりました。

次は12月27日の一般予約をお待ちください☆

★2018こよみ&カレンダー発売!

メールでのご注文は上のリンクから。

2018こよみ:1,296円
2018カレンダー:864円

2冊以上ならば国内送料無料です!

★こよみカフェ&こよみディナー@風の穂麦の香

2017年12月25日(月)。

前橋にある素敵カフェにて、
クリスマスと忘年会を兼ねた、
大人のお茶会&夜会を開催します。

クリスマスにこよみを開き、
運と向き合う時間をご一緒に是非☆


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法



《西企画の日常:ミルフィーユ初め》

白菜の美味しい季節になると、
1度はやっておきたくなります。

ミルフィーユ鍋。

ミルフィーユ始め

今回は、豚肉と一緒にバジルを挟み込み、
上からオリーブオイルを回しかけ、
水を足さずに蒸し焼きにいました。

冬は鍋が美味しいから好きです。