10月は休息期。


頑張った自分の心・体・魂の、
お手入れをするべきメンテナンス期間。


けれど。


2017年度において、
最も大きく運が動いた、
9月のピークの余韻は、
まだしばらく続くであろう、
というのが僕の読みです。


結果として、まだしばらくは、
バタバタが続きそうです。


でも、10月20日からは、
季節の変わり目で運が不安定になる、
土用(どよう)が始まってしまいます。


★土用のまとめ


『この後は土用が待っている』


ということを踏まえた、
10月前半の行動計画が重要。


繁忙の勢いを制御しつつ、
土用前には着地点を見つけ、
休息の10月へと入っていく。


そんな流れが理想です。

2017年10月

休息の10月の主な注意事項は3つ。


1.その場しのぎで誤魔化さない
2.何でも知ったかぶりしない
3.不安や心配を放置しない


2017年10月は、
一白水気の年の九紫火気の月。


先を見据えた思考が必要。


今後の方向性が定まってこそ、
現在、その場でなすべきことが定まる。


逆算が幸運の鍵。


余裕があるならば、


『2018年をどんな年にするか?』


まで意識・予測・予定して吉。


詳しい全員共通の運勢は、
2017こよみの2ページをご覧ください。


こよみをお持ちでない方には、
メルマガにて念入りにご紹介しました。


ご希望の方は、stores(ストアーズ)にて、
開運☆こよみ屋総本舗の、
フォローをお願いいたします。


フォローはこちらのリンクから!


全員共通の運勢は、
上記にてご確認いただくとして、
ブログでは一白水星から九紫火星までの、
星別に異なる運の流れをご紹介いたします。


★一白水星

大人の態度が必要。

冷静であり謙虚であること。

感情的になると間違える。

譲れる余裕が幸運の鍵。


★二黒土星

言葉にする。

形にして表現する。

身だしなみや姿勢も大切。

どう見られるか意識して過ごす。


★三碧木星

途中経過で運の良し悪しは判断できない。

ゴールに着く前にあきらめない。

話の途中で結末を決めつけない。

早とちりには気をつけて。


★四緑木星

今後、目指すべき道を示される。

目標が見つかり、お手本が現れる。

ただし、意識をしなければ見逃す。

未来の成長を望むと、課題が見えてくる。


★五黄土星

人が集まると、意見は分かれる。

大勢になるほど、全員一致は不可。

家族であっても価値観は異なる。

『みんな』を1つにする必要なし。


★六白金星

信用している人には、そのことを伝える。

『言わなくても伝わる信用』

など、ないものと思って過ごす。

信用が伝わるのは、お互いにとっての安心。


★七赤金星

経験にないことは、むやみに判断しない。

やったことがないのに、分かったことにしない。

逆に、経験のある分野は、自信を持つ。

確かな実体験には信じる価値がある。


★八白土星

自分と他人の『大丈夫』は違う。

何がどう大丈夫なのか、確認を。

『大丈夫じゃない』と言う人の心配を軽視しない。

自分にとっては大丈夫でも、相手にとっては一大事。


★九紫火星

トラブルの責任追及は後回し。

誰が悪いかを見つけ決めるより優先すべきことがある。

まず、何が原因かを探す。

次に、同じことが起こらないように改善策を練る。


以上が、各星に待つ、9種類の運勢です。


今度の土用は火の用心!

2017年10月の土用の注意事項は、


『火の用心』


です。


火傷や小火や火事などの、
分かりやすい火の難だけでなく、


★感情に火がつく
★人間関係で炎上騒ぎが起こる
★イライラが飛び火する


などの炎にも注意が必要。


そして。


それらのトラブルは全て、
2018年の運の予兆でもあります。


意識すると見えてくる未来があるはず。


どんなことも、対岸の火事と思わず、
今後の判断材料として集めて吉。


それでは☆