FAQ

方位替え、または方違え(かたたがえ)、
とも呼ばれる、凶方位に移動する際の、
対処方法に関して。


転居や旅行や出張や留学の際、
目的地が凶方位だった場合、
直接現地に入るのではなく、
異なる方位を経由することで、
凶作用を避けることができる、
または抑えることができる、
というのが方違えの効果です。


多くの専門家の方が、
あちこちで提案しているようです。


でも、手間も経費もかさむので、


『本当にやった方がいいの?』


というご相談をしばしばいただきます。


Q.方違えの効果は?試す価値ある?

やむを得ぬ理由で、
大凶方位に引越しすることが決まった。


住む場所は既に決まっていて、
調整・変更の余地はない。


何か対処はないかと調べていると、
方違えという方法があるのを知った。


一時的でも仮住まいをすることで、
その仮宿から見て、
目的地を吉方位にすることができそう。


その分、周囲への説得や、
2度の転居、敷金・礼金など、
追加の労力・経費がかかり、
精神的にも負担は大きくなる。


けれど、それで確かな効果があるなら、
前向きに検討したい。


方違えにより、大凶方位の作用は、
なかったことにできる?


または凶作用を、十分に抑えられる?


A.条件が揃えば効果はあると考えられます

一定の効果はあると考えられるので、
条件が揃うならばやってみるべきです。


その際、譲れぬ条件となるのが以下の3つです。

★方違えを成功させる3つの条件

1.正しい仮宿の選定
2.十分な仮住まいの期間
3.無理なく実行可能な計画



最終目的地(本来の住まい)が、
確かに吉方位となる場所に、
仮宿を見つけるのは必須です。


さらに。


そこに一定期間滞在してから、
再転居をするわけですが、
求められる仮宿での滞在期間は、
4ヵ月以上です(3ヵ月未満では効果は薄れます)。


しかも。


上記の全てにおいて、
無理は禁物です。


★明らかに流れを乱すような不自然な調整。
★周囲の理解と共感を得られない強引さ。
★実力を大きく上回る無理や無謀。


上記のような不自然な頑張りは、
運を大きく乱す原因となります。


具体的には、


★精神的
★肉体的
★金銭的


上記の3点において無理をすると、
方違えの効能以上の悪影響により、
運は停滞することになります。


無理や強引の悪影響は、
せっかくの方違えの効能を、
軽々と上回ります。


方位の吉凶を優先するあまりに、
無理な方違えをして運を損なうくらいなら、
サクッと気持ちを切り替え、
自信を持って凶方位転居をすべきです。


そして、時を改めて、
吉方位旅行により対処をすることは可能です。


また、次の転居を、
吉時期・吉方位で行う計画を立てることでも、
人生全体の運は整います。


実際に計画を立て、
周囲に理解と協力をお願いし、


『よし、これならば、少しだけ頑張れば、できる』


と、確信を持てたときに限り、
仮宿での一時逗留と、
そこからの再転居を検討して吉。


それでは☆