鑑定

運の専門家の中には、
現実的な事情や都合より、
時期や方位の吉凶などを、
何より優先する方がいらっしゃるようです。


運勢原理主義者というか。
目指すべき理想を追求する求道者というか。


吉凶ロジックに対し誠実に向き合い、
それを忠実に実行しようと試みるのは、
見習うべき素晴らしい姿勢です。


けれど、


『鑑定の際に何を優先すべきか』


という点において、
僕は全く異なる考え方を持っています。


時期や方位の吉凶より、
現実的な事情や都合の方が、
はるかに重要な運の指針になる。


そう思って、鑑定をしています。


だから、


『時期が悪いのだからダメ!』
『方位が良いのだから大丈夫!』


みたいなご提案をすることはありません。


現実的な状況と、理論的な吉凶の間に、
ズレが生じてしまったとき、
いかに無理のないように、
折衷案や妥協点を見つけ出すかに、
全精力を注ぎます。


そうして出した、


『より現実的に無理のない妥協案』


こそ、運が良くなる最適解とします。


そこで例え、理想の時期や、
最高の方位を選べなかったとしても、
素敵な未来は創れます。


運の良い選択や決断をする上で、
現実との親和性や人間関係の調和は、
欠かせない条件です。


最高の吉時期でも、
非現実的ならば選ばない方が無難です。


完璧な吉方位でも、
多くの方に反対されるなら、
プランを見直すべきです。


時期や方位だけに限らず、
親和性・調和というのは重要です。


運の教科書を開くと、
運勢学や方位学などにおける、
吉や凶の鑑定基準は、
色々と詳しく掲載されています。


けれど、そこに、


『現実との親和性を重んじて吉』
『周囲の人間関係との調和を優先して吉』
『無理や強引や不自然は極力避けて吉』


などの文言はありません。


それは、親和性や調和などの自然な流れが、
重要じゃないからではありません。


そんなことは当然の前提であり、
言うまでもない当たり前の常識だからです。


でもいつの頃からか、


『無理にでも吉時期を選んで吉』
『みんなに白い目で見られても吉方位へ行って吉』
『運さえ良ければ、多少の不自然さは仕方なし』


みたいな風潮を感じるようになってきて、
僕はとても居心地が悪いです。


運を良くする上で、
努力や工夫や調整は必要です。


一手間かけないと手に入れられない幸運や、
困難を乗り越えた先で繋がる良縁もあります。


けれど。


それが無理や強引や不自然になってしまったら、
当然ながら、運は乱れます。


幸運や良縁をストイックに追求するほどに、
運が乱れていってしまうのです。


そうならないように、これからもずっと、
ブログやツイッターや講座にて、


『無理のない自然な流れこそ理想』
『現実的な状況こそ優先すべき判断基準』
『妥協こそ自分にとっての最適解を探す鍵』


とご紹介し続けます。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★2018こよみ+カレンダー限定セットのご予約

発売日前にお申し込みいただけると、
グッとお求め安い価格になる、
限定セットのご予約が始まりました。

★占いカフェ@風の穂・麦の香2017

12月の第4月曜日。
前橋にある素敵カフェにて、
クリスマスと忘年会を兼ねた、
秘密のミーティングを企画中です。

日付だけご確認ください。


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法



《西企画の日常:ご近所さん》

弊社のお隣さんに、
ゴールデンレトリバーの、
小さな女の子がやってきました。

回覧板を置きに行きがてら、
ちょっと覗かせてもらったら、
こんな目で見つめられて。

ハナちゃん

ハートを撃ち抜かれました。