完璧な吉を目指して努力をするのは吉。


完璧でなければいけないと、
自分に制約をかけるのは凶。


そもそも運の世界における完璧とは、
一部の欠けがあることを言います。


完璧の一歩手前の不完全な状態こそ、
本当の意味での完璧である、
と考えるのが、ずっと昔からある、
理想の吉の落とし所です。


『最も良い理想』


とは、目指すべき指針や、
努力目標としては有効です。


けれど、


『理想のみが正義』
『それ以外の全ては凶』
『一番上でなくちゃダメ』


と自らに重圧をかけると、
その制約が強いほどに、
人の能力(魅力)は低下します。


過度な緊張が自分らしさを奪うってこと、
小学生でも知っている自然の摂理です。


本気で吉を目指すなら、
吉へのこだわりは捨てて吉。


運の世界には、


『満つれば欠ける陰陽の法則』


というのがあって。


『これ以上はない』


という状態は、


『もう下がるしかない』


という凶兆を孕んでいるもので。


人も建物も事業も、
あえて不完全な状態を作り出すくらいの方が、
実は運の良いことで。


『まだ満つる余地がある』


という幸運を、見落とさないようにして吉。


自分が自己責任で完璧を目指す分には、
それはそれで偶然の必然。


仮にその制約で自分を痛めたとしても、
それもまた自分らしい人生です。


けれど、他人に完璧を求めるのは、
不幸・不運の始まりであり、
典型的な悪運のシナリオです。


ましてや他人の人生設計や進路選択に、


『それは理想の吉じゃない!』


とケチをつけるなんて行為は、
その無作法が運を乱すので気をつけて。


いや、いるんですよ、時々。


新築のマイホームにお邪魔して、


『ああ、この家の家相は良くないねえ』


とか、頼まれてもいないのに言うバカが。


あとは、幸せな2人の新婚旅行に、


『それは凶方位だから絶対やめた方がいい』


とか、親身になったつもりで助言し、
自己満足に浸るナルシストが。


それって、運が悪いのは、家でも方位でもなく、
そういうことを言っちゃう当人自身です。


思うのは自由。


その考えで自分の人生を生きるのも問題なし。


それを他人に押し付けるのは、運が悪い証拠。


本当に運の良い人や、正しい知識を持つ専門家は、


『全ての人・物・事は、多少の欠けがあってこそ完璧』


という自然界の真理を知っているので、
無作法に他人の不完全を突っ込み、


『良いこと言ってやったぜ』


と悦にひたるようなことはしません。


ということで、もしもご自身が、
そんなことを言われたときには、


『はいはい、そういうあなたが凶なのね、ご苦労様』


と、大目に見てあげて吉。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★SLOWTIME 占いカレーナイト2017

カレーとコーヒーと占いの夜。
運と向き合う大人の集い。
感性高まる秘密の会合。

現在は9月のご予約受付中☆

★占いカフェ@風の穂・麦の香2017

6月・9月・12月の第4月曜日。
前橋にある素敵カフェの一番奥の席。

占いとケーキのセットをご用意し、
密やかにお待ちしています。

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。
以下のエントリーを是非。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

また、運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方は、
以下のエントリーをご一読ください。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法



《西企画の日常:定位置》

立秋を迎えたとは言え、
まだまだ残暑厳しい8月。

子鹿のシャンピエントフ氏はいつも、
副社長がクーラーを効かせた、
事務所のカゴの中にいます。

やや狭めの定位置。
肉球はみ出してもおかまいなし。

定位置

クーラー嫌いな僕の仕事場には、
朝か夕方しか寄り付きません。

もう少しご機嫌を伺って欲しいです。