鑑定

時期と方位の吉凶鑑定をする際、
色々な方法論がある中で、
僕の場合は暦を開き、
盤の上での漢数字の配置を確認します。


盤の上での漢数字を調べるということは、
つまり一白水気から九紫火気までの、
九気によって運を推測するということです。


盤と一口にいっても、
年・月・日・時の4種類がある中で、
特に年盤を重視し、次に月盤を読みます。


多くの場合、日盤まではこだわりません。
無理なく選ぶ余地がある場合に限り、
日盤も考慮することになります。


時盤はほとんど調べません。


行動を起こす際、または移動の際、
時間にまで縛られてしまうことにより、
人の自由な裁量が奪われてしまうのを嫌います。


ある程度までの制約は、
行動力や決断力を高めてくれますが、
ギチギチになり過ぎると、
当人の能力は低下することになります。


ということで、年盤と月盤を重視し、
日盤と時盤を軽視するのが、
僕の基本的な鑑定基準です。


さらに。


鑑定において、よほどの特殊な事情がない限り、
直感や閃きに頼ることは皆無です。


真剣になるほど熱く気分が高まり、
前のめりなご提案になることはありますが、
それでも、口から出ているセリフは、


『僕は直感的にこう閃きました』


ではなく、


『暦には、こう書いてあります』


というのが通常です。


何なら、鑑定の間は、
ご依頼者さまの顔よりも、
こよみを見ている時間の方が、
長いこともあるかもしれません。


単純な吉凶判断でないならば、なおさらに。


★一般的な住居建築の方法
★各地の湧水スポットの所在
★医学や栄養学などの定説


上記のような知識・経験を、
僕が個人的に学び知った情報として、
ご提案することは多々あります。


けれど、心に浮かんだ閃きを、
鑑定結果としてご提案したことは、
過去、1度もありません。


つまり。


僕がお話しする吉とか凶だとかには、
必ず根拠(暦の都合)がついてきます。


時流や状況が大きく変化しない限り、
前回と今回で、ご提案内容が変わることはありません。


一度、吉、と言ったら、ずっと吉です。
凶と出たからには、凶です。


ここまで、長い前説にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


ここからが、本番です。


理由のない、説明不可な直感とは、
ここぞという場面において突破口を開く、
起爆剤みたいなものにはなるかもしれません。


けれど。


残念ながら、直感の精度には安定感がありません。


『ここぞ』


という場面ではない、いつもの暮らしの中での、


★生活
★仕事
★交際


においては、逆に流れを乱すバグとなり得ます。


人生設計を練り、行動計画を立てようと思ったら、
そこには終始一貫、揺るがぬ判断基準が必要です。


どんな状況においても変わることのない、
安定した根拠があるからこそ、
ちぐはぐで非効率な迷走をしないで済みます。


例えば。


行きたいお店があるとして。


交差点の度に直感で道を選ぶより、
事前に地図を調べ道順を定めておいた方が、
着実・安全に目的地にたどり着くことができます。


その際、ゴール目前で、


『もっと素敵そうな別のお店』


という可能性が示されたときは、
寄るかどうか、直感を使うのも良いでしょう。


直感の使い方って、そういう感じです。


理性が全てだとは思いません。
けれど感性が絶対ではありません。


土台となるのは理性です。
そこにスパイスとして感性が加わることにより、
運が開かれます。


僕の鑑定スタイルがそれ、
というだけの話ではありません。


運との向き合い方は、基本的に、
理性ベースの感性スパイスが、
基本だと思います。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★2018こよみ+カレンダー限定セットのご予約

発売日前にお申し込みいただけると、
グッとお求め安い価格になる、
限定セットのご予約が始まりました。

★占いカフェ@風の穂・麦の香2017

12月の第4月曜日。
前橋にある素敵カフェにて、
クリスマスと忘年会を兼ねた、
秘密のミーティングを企画中です。

日付だけご確認ください。


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方へ。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法



《西企画の日常:冷えは運を奪う》

どんなに良いお天気でも、
朝と盤は冷え込む秋。

特に一白水気の年というのは、
冷えへの対策が運を守ることになる。

気を抜いて、
心や体を冷やさないよう、
モフモフに過ごして吉。

猫サンド