転居を伴う遠方への出稼ぎでない限り、
方位の吉凶は就職活動の、
絶対条件とはなりません。


というか、過度な方位へのこだわりは、
職業(職場)選択の邪魔になります。


僕だったら、合う仕事を見つけたら、
例え大凶方位でも応募します。


また、せっかく採用された第一志望を、
方位を理由に辞退することなんてしません。


一方、自分に合わない職種や職場なら、
大吉方位だったとしても迷わず避けます。


『A社とB社どちらも甲乙つけがたい』


というときは、判断基準の1つとして、
方位の吉凶を加えることもあります。


現実的な比較検討で答えが出ないとき、
縁起や吉凶を参考にするのは、
とても有効な考え方です。


それとは別に、


『職種さえ同じなら職場は特に希望なし』


という場合も、方位を参考にする余地あり。
まず吉方位からの職探しをお勧めします。


ところが。


『明らかにA社がホワイトでB社はブラック』


と現実的な結論が出ているにも関わらず、
方位の吉凶を持ち出し苦にする方がいます。


または。


候補も職種も決まっていないのに、
いきなり方位学を持ち出すのも、
方位学の運用センスないな、と思います。



仕事と方位の吉凶を神経質に結び付けるのは、


1.方位至上主義(方位さえ良ければ大丈夫)
2.完璧主義(方位も良くなくちゃダメ絶対)
3.盲信主義(◯◯先生様から言われたから)


上記の3つのいずれか、
または複数が原因のようです。


僕に言わせれば。


方位だけで運が決まるわけではありません。
むしろ方位以外の要素の方が、
就職の良し悪しに強く影響します。


完璧を目指す姿勢は吉だけれど、
完璧なのは逆に凶です。
一部の欠けがあってこそ運は整います。


自らの人生を他人に預けているうちは、
どんなに頑張っても運は開けません。
自分の運は自分で決めてこそ、です。


というわけで。


就職活動や転職活動の際に、
過度に方位にこだわるのは凶とします。


ただし。


遠方への長期出張を伴うような単身赴任の場合、
それが凶方位なら決して運の良いことではありません。


それが4ヵ月を超えるような滞在ならば、
太極(自分の居場所)が移動して転居となり、
凶作用は増してしまいます。


その場合、対処の1つとして、


『3ヵ月に1度以上の帰宅(帰省)』


をお勧めします。
それで、太極の移動を緩やかにし、
凶作用を和らげることが可能です。


止むを得ず転居を伴うような就職となった場合。


それでも、そこに胸を張れるだけの、
十分な必要性と必然性があるならば、
方位のことなど一切苦にせず、
明るい気持ちで出社して問題なし。


その代わり、いつか来るかもしれない、
方位の凶作用への対処として、


★吉方位旅行へ出かける
★次の転居は吉方位にする
★お水取りをする


などをお勧めします。


それでは☆


お勧め講座と書籍のお知らせ
★千代田講座2017 ーこよみよみ&PLUS&新春開運講座ー

2017年も毎月第4土曜日は千代田の日!
年間スケジュールをエントリーしました。

お申し込みとお問い合わせは上記のリンクから☆

★SLOWTIME 占いカレーナイト2017

カレーとコーヒーと占いの夜。
運と向き合う大人の集い。
感性高まる秘密の会合。

現在は9月のご予約受付中☆

★占いカフェ@風の穂・麦の香2017

6月・9月・12月の第4月曜日。
前橋にある素敵カフェの一番奥の席。

占いとケーキのセットをご用意し、
密やかにお待ちしています。

★2017こよみ&カレンダーのメールオーダー窓口です

・2017こよみ 1,296円
・2017カレンダー 864円


★質問専用エントリー6

ご質問はこちらのコメント欄にて承ります。
記事本文とは関係のないご質問であっても、
こちらにコメントいただければご返信いたします☆

★Twitterはこちら

毎日の運勢や個人的に気になる出来事など、
身近な偶然の必然をつぶやいています。
フォローしていただけると嬉しいです☆


西企画ってどんな会社?
西敏央ってどんな人物?
いったいどこの馬の骨?

そこが引っかかる方へ。
以下のエントリーを是非。

★西企画の西敏央とは ー意外に怪しくはない存在ー

また、運の鑑定のご依頼や、
運の講座へのご参加で、
不明点や不安点がある方は、
以下のエントリーをご一読ください。

★西敏央がお役に立てる分野とご依頼方法



《西企画の日常:フォロワー1000人》

おかげさまで、
Twitterのフォロワーが、
1000人を超えました。

2017-07-27-07-03-16

2009年11月の甲子の日から始め、
およそ8年間での達成。

実はずっと前からの目標で。

ブログ読者様の中にも、
フォローしてくださっている方は、
きっと大勢いるはず。

ありがとうございます。

つきましては、何か、
キャンペーン的なことをしたいなと。

『フォロワー全員に、
運のメッセージをプレゼント』

みたいな。

ただ、今は2018こよみの製作に、
全エネルギーを注いでしまっているので、
正式な告知はもうしばらくお待ちください。